アーカイブ

search

community info info info

2016年6月24日

Luca Vogrigの半年目のモレスキン

LucaVogrig

書き終えたページ。これから書くページ。そのちょうど間に挟まるしおり紐・・・この姿を見ると、モレスキンノートブックへの愛着がますます湧いてきますね。これはイタリアに暮らすLuca Vogrigさんのモレスキンコレクションです。

現在、myMoleskineコミュニティーでは、「2016年の中間地点」と題したクリエイティビティ・チャレンジを開催中です。半年目のモレスキンノートブックやダイアリーの姿を写真に撮り、世界のモレスキンファンと一緒に愛でましょう!

投稿方法は以前の記事
#M_Halfwaythroughの投稿一覧

*myMoleskineのアカウントはFacebookやGoogle+のアカウントでも取得することができますよ(JOIN NOWへ)。モレスキンの世界コミュニティーにぜひ参加して下さいね。

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月23日

大隈典子の「脳の個性」に合ったメモの取り方

神経科学者の大隈典子さんが、私たちの脳に見られる「3種類の思考様式」について、とても興味深いエッセイを書いています。自分がどのように思考するタイプなのかを知ることで、自分に合うメモの取り方やノートの種類が見えてくるかもしれませんよ!

「・・・「伝わるプレゼンテーション」の講義では、「PowerPoint(PPT)ファイルを立ち上げる前に、構想をノートに書いて・描いてみましょう」ということを、この数年、必ず言うようにしています。PPTというアプリケーションは(そこそこ)便利なので、つい、表紙から順に作っていきたくなるものですが、先に全体を見渡した方がバランスの良いプレゼンになると思います。Keynoteを使う場合でも同様です。

今朝、目が覚めたときに、思いついたアイディアをいくつか方眼ノート(Moleskineを愛用♬)に描き出してみたのがこちら。」

NorikoOsumi

「たぶん、他人が見ても何のことやら……だと思いますが、自分用のアイディアノートとしては、これで十分です。細部は脳の中にストアされていて、実際にプレゼン用のアプリケーションを立ち上げての作業で詰めていくので。

でもって、改めてこの図を見なおして、自分が「パターン思考」であることがよく表れていると認識しました。

拙著『脳からみた自閉症「障害」と「個性」のあいだ』(ブルーバックス)で取り上げているテンプル・グランディン博士は、ご自身が自閉症であることを「個性」と捉えている方ですが、動物学者であり、家畜施設の細かい設計図を描くことが得意とのこと。いくつか著作があり、和訳もされていますが、『自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか』(NHK出版)という著書の中に出てくるのが「3種類の思考様式」という仮説です。

一般的には、「言語優位な思考」と、それに対比される「視覚優位な思考」の2つに分類されると見なされることが多いかもしれませんが、グランディン博士はそれに加えて「パターン優位な思考」を挙げています。

私自身、この本を読むまでは、なんてったってビジュアル系、つまり「視覚優位」だと思っていたのですが(←ここ、クスっと笑うところです、念のため)、一度見た絵画の記憶はしっかり残っていても、自分で描く方はまったく駄目で、組織学のスケッチは大の苦手でした。

したがって感覚的には繊細でも、出力系が悪いためであろうと長らく思っていたのですが、そうではなくて、全体(視覚映像)の中に「パターン」を見出すことが得意、パターンとして記憶するという脳の使い方なのだとわかりました。

そういう意味で言えば、「パターン」を見出したり記憶するのは視覚的な入力だけでなく、音楽や電車の音、音声言語などの音刺激もパターン化して記憶しているような気がします。…」

全文読もう!大隈典子さんのブログ
@sendaitribuneをフォローしよう!Twitter

*なるほど、なぜノートブックの定番レイアウトが3種類で落ち着いているのか、ひとつ納得の可能性を見つけることができた気がします。…思考と脳科学の関係は、これからもモレスキナリーで追いかけたいカテゴリーです!

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月22日

YOKOの初めてのスマートライティング

スマートライティングセットを試してみた人はいますか? @moleskine_JPでは、スマートライティングセットを使って描いたイラストがいくつか紹介されていました。元来、手書きの魅力に取り憑かれている私ですが、客観的に見てもやはり手書きのプレゼンテーションは素敵だなと思うのです!

MatthewBrimer
▲ ”生産性というのは、犬かきをするようにチェックリストにある全ての項目をできるだけ早く終わらせる、ということではないのではないでしょうか。” Matthew @Brimerさんの言葉

私も先月開催されたイベントで、スマートライティングセットを体験することができました。しかし、初めて「ペーパータブレット」に書き込む際は、とにかく緊張しましたよ。普段使っているノートブックより分厚い紙質でしたし、ページの表面には謎のグリッドが見えます。スマートペンの取り扱いにも慣れていません。何を書いたらいいか、さっぱり分かりませんでした。

そこで、以前モレスキナリーでも紹介した、Andrea Josephさんの「新しいノート恐怖症を克服する方法」を試してみることにしました。

neonotes1

書き慣れた自分の名前から書き始めるのは効果抜群でした。緊張がほぐれて、デジタルデバイスにどのように反映されるかも分かり、すぐに他のものも書いてみたくなりました。

スマートペンをiPhoneに持ち替えて、編集アプリも触り倒しました。カラーパレットの色を変えてみたり、線の太さを太くしてみたり、筆跡を動画で見直したりも・・・こうして、私の初めてのスマートライティングが完成しました。

neonotes2

慣れてきたら、もっと細かい作業に挑戦してみたいと思います!みなさんの初めてのスマートライティングもぜひモレスキナリーに紹介してくださいね 🙂

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月21日

Antonio Kowatschのモレスキンノートブック

AntonioKowatsch

ドイツのハーナウに暮らすAntonio Kowatschさんは、ゲーム、ウェブ、音楽、人工知能に携わる分野の研究者であり、ファインアートをこよなく愛する人でもあります。いつも持ち歩くモレスキンノートブックについてこんなコメントを寄せてくれました…

「私はどこへ行くにも、モレスキンノートブックを持って歩きます。私のロングコートのポケットにすっぽり収まるからです。嗜好品をたしなむ人はみんな、こういうノートブックを持っているんじゃないかな。」

AntonioさんのmyMoleskineより

*なるほど!確かに、数あるノートブックの中からモレスキンを選ぶ人には、たしなみの文化に対する愛情を感じますね。

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月20日

Adele Browneのチャコール・ポートレート

AdeleFlamand_Browne1
▲アリシア・キーズの肖像

「チャコールで描いたポートレートです。細部はピグマで仕上げます。」

19歳のアーティストAdele Browneさんは、チャコールやミリペンを使い、素晴らしく写実的な作品を描いています。Adeleさんの作品はInstagramに数多く掲載されているので、この機会にぜひ鑑賞してみて下さい。

AdeleさんのmyMoleskine
@uhdeleをフォローしよう!Instagram

AdeleFlamand_Browne2
▲リン・マニュエル・ミランダの肖像
Print it in Moleskine MSK format

2016年6月17日

インスピレーション:紙の花

HarukaMisawa

「鉛筆削りで鉛筆を削ったとき、削り屑が目を見張るほど美しい造形になったことがあります。輪冠状に丸まった削り屑の佇まいは、花びらに似ていて、捨てるにはもったいないほど美しいものでした。紙の積層の魅力を生かせば、そのとき感じたはっとする感動を、より凝縮して再現できるのではと考えました。

「紙の花」は名前の通り、紙でできた花です。鉛筆状の細長い紙の巻物を鉛筆削りで削ることで花が咲きます。グラデーションを刷った紙「ビオトープGA―FS」全体に糊を塗り、芯に巻いて鉛筆状の細長い固まりを作り、それを削ります。削り屑は直径15〜40mmと小さいですが、よく目を凝らすと、薄くスライスされた幾層にも重なった紙の集積でできています。紙本来の色が現れる断面、印刷のインキの乗った側面、紙一枚一枚の物質感が見えてきます。」

HarukaMisawa2

「紙の花びらは、静かにそっと机の上に咲きます。削る加減により、厚ぼったくもなり透けるほど薄くもなり、ひとつとして同じ花はできません。一回削ると、きっと、また削ってみたくなります。」

デザイナー 三澤遥さんのウェブサイトより

*私たちが愛している日常的なものの美を発見し、凝縮していくと、こんなに美しい作品が生まれるのですね。

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月16日

クリエイティビティ・チャレンジの新しいお題:「2016年の中間地点」

Fernanda
▲2015年の優勝者Fernanda Pulidoさんのモレスキンダイアリー

毎年恒例となっているクリエイティビティ・チャレンジのお題が今年も発表されましたよ。モレスキンダイアリーを使っている人はぜひ参加してみてください!

「もうすぐ半年が経とうとしています。180日という月日、何百時間という仕事、何マイルという旅程があなたを通り過ぎてきたのです。そして、その傍にはいつもモレスキンダイアリーがあったでしょう。

今年も中間地点に来ました。あなたのモレスキンダイアリーはどのように変わりましたか?少し古くなったもの、傷がついたもの、紙切れやカードで溢れているもの…あるいは、未だに新品のものも?2016年の節目にあたり、あなたのモレスキンダイアリーをぜひ見せて下さい。

  • 〆切:2016年6月30日(木)
  • 専用タグ: #M_halfwaythrough
  • 投稿方法:あなたのモレスキンダイアリーを写真に撮り、専用タグをつけてmyMoleskineに投稿してください。

myMoleskineメンバーより特に多くの投票を得た上位3名の中から、1名の優勝者を決定します。優勝者にはMOLESKINEよりスペシャルボックスをお贈りしたいと思います!」

#M_halfwaythroughの投稿一覧

SharonGenao

前回のクリエイティビティ・チャレンジ「子どもの頃お気に入りだったおもちゃ」の優勝者は、Sharon Genaoさんに決定しましたよ。おめでとうございます!

「私が子どもだった70・80年代は、ヒーローが全てでした。バットマン&ロビン、600万ドルの男と女、超人ハルク、スーパーマン…中でも私が一番好きだったのはワンダーウーマンです。子どもの頃お気に入りだったおもちゃも、もちろんワンダーウーマンの人形でした。」

SharonさんのmyMoleskine

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月15日

Rasaの愛犬の見目麗しい…

先日は、可愛いネコちゃんからの投稿があったので、今日はキュートな犬の絵を紹介したいと思いました。Rasaさんの作品に、犬の魅力を讃える詩を添えて…

Rasa

犬のように退屈な、と人はいう。
犬のような怒り、不快、空腹
犬のような鈍感さ、憂うつ
犬のような怠惰、眠り、役立たず、と人はいう。

だか、何ゆえに、
そんなふうに犬を引き合いにだすのか?
皆がそうして犬を蔑むというのなら
私は褒め言葉を挙げてみよう。

犬のように立派で、見目麗しい
犬のように誠実で、正直
犬のように親切で、寛大
犬のように賢く、勇敢

ジョン・デイヴィス(詩人)

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月14日

Dave Terryのオリジナルタブの作り方

DaveTerry

ちょっとだけ手間をかけて、あなたにパーフェクトなモレスキンノートブックを作ってみませんか?アトランタに暮らすDave Terryさんが教えてくれました。

「私はモレスキンが大好きです。素晴らしいですよ。iPhoneも持っているのですが、ペンと紙には独特の魅力がありますよね。モレスキンをどこにでも持っていくことにしています。

はじめのうちはポストイットを使っていたのですが、飛び出していて、シャツの胸ポケットにひっかかったりしていたので、気づけばこのタブを自分で作っていました。これに必要だったのは、エグザクトナイフ、メタル製の定規、ラベルメーカー、そして少しの忍耐力です。

タブは8つできますが、上の6つは3行分、下の2つは2行分を取ります。もちろん、あなたが作る場合には、もっと長くしたり短くしたり自由に変えてください。」

<作り方>

  1. 1つのタブにつき12ページを当てます。(ポケットサイズのモレスキンは、タブを8つ作ることができます。)
  2. 1/8インチ(約3mm)+3行分の幅でタブを切り出します。(カットする際は12ページの下にカッティングボードを敷いて下さい。)
  3. 他のタブも上と同じステップをくり返します。
  4. 7つ目と8つ目のタブは、1/8インチ+2行分の幅でタブを切り出します。
  5. タブに、ラベルメーカーで作った見出しを貼ります。ラベル素材がプラスチックのものを使うと、色褪せを防げます。

DaveさんのmyMoleskine

Print it in Moleskine MSK format

2016年6月13日

MSKテンプレートを楽しもう!

MSKtemplates

moleskine.comでは、モレスキンノートブックやダイアリーのカスタマイズに使うことのできるテンプレートを無料で配信しています。ここ数年で新しいテンプレートがたくさん更新されていますので、今日は改めてモレスキナリーで紹介したいと思います!

  • HOLIDAYS CALENDAR
    世界各国の祝休日を調べることができます。英語表記ですが、新しいダイアリーに祝休日を書き込む時に便利です。
  • THE WANDERING CITY
    日本では未発売ですが、MOLESKINEが出版した塗り絵をダウンロードできます。瞑想のように静かな時間が必要な人へ…
  • AN AUTHOR A MONTH
    myMoleskineで表彰された作家たちの作品をモレスキンスリーブやブックマークとして使うことができます。
  • VOYAGEUR
    「ヴォヤジュール」の中身のレイアウトを試すことができます。I AM HEREのラベルもこちらでダウンロードできます。
  • DISCOVER MILAN
    ミラノ旅行に役立つシティマップ(英語)をダウンロードできます。モレスキンノートブックに貼って使ってください。
  • CHAPTERS
    チャプターズジャーナル」の目次ページ、レイアウトを試すことができます。クラシックノートブックと異なりスリムサイズが特徴です。
  • DIARIES&PLANNERS
    モレスキンダイアリーに含まれる様々なページを見ることができます。自分が使っていないダイアリーのレイアウトも試せます。

プロジェクトプランナー
プロジェクトプランナー

変則ウィークリーダイアリー
変則ウィークリーダイアリー

  • LAYOUT
    スクエアード、ルールド、プレーンに加えて、新しく定番となったドット方眼や、ストーリーボード、ミュージックノートブックのレイアウトをダウンロードできます。
  • SLEEVES
    モレスキンスリーブは、使い終えたノートブックなどの整理に使えるカバーです。背表紙が空欄になっているので、見出しを書くこともできます。
  • CITY WALKS
    ローマ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンDCを旅行する人のために用意されたシティマップ(英語)です。
  • #ONEREDDAY
    HIV撲滅キャンペーンのために用意された赤い括弧のワークシートです。#oneREDdayの詳細はこちら
  • PASSIONS
    パッションジャーナルのテンプレートはこちらにまとめられています。パッションジャーナルは英語表記ですが、テンプレートなら日本語表記で内容を確認することができます。

moleskine.comのMSKテンプレート

Print it in Moleskine MSK format

from moleskine