アーカイブ

search

community info info info

2014年11月1日

2014年9月の「月の作家」:Peter Wenman

「月の作家」に投票して下さったみなさん、ありがとうございます。今回は接戦でしたが、一票差でイギリス人アーティストのPeter Wenmanさんが優勝しました。私たちがPeterさんに連絡を取ったところ、とても興味深い作家であることが分かりました。

「記憶にある限り、私はずっと絵を描いてきました。私がいつもしていることといったら絵を描くことです。

私は絵を描くのが好きで、旅行が好きで、その両方をしている時が最高に幸せです。若い時、大学に入学する前に1年間休みを取って旅に出かけたことがありまたが、これが結局20年に延長され、うち10年を東南アジアで暮らしました。」

cmq-peter-wenman

Peterさんは、モレスキンスケッチブックに“足跡になるもの”と一緒に絵を描くそうです。そして、初めて使ったモレスキンノートブックのことをいまでもよく覚えているのだそうです。

「私が初めてモレスキンブックのことを知ったのは、何年も前にブルース・チャトウィンの『ソングライン』を読んでいた時のことです。初めてのモレスキンをアムステルダムにあるアートショップで買い、それからはずっとモレスキンを使っています。モレスキンを使った時のインクの乾き方が大好きで、他のスケッチブックでは再現できませんでした。」

pastyshop-peterwenman600

こちらの絵はPeterさんの「月の作家」ノミネート作品で、Peterさんがケンブリッジ・マーケットで働いている頃に描いた“The Pasty Shop(ミートパイ屋)”です。

「この絵はまず最初に上の部分を描きました。それから店舗部分の余白を残しておいて、面白そうな人が通りかかるのを待ってから埋めました。」

若いアーティストに向けてちょっとしたアドバイスが欲しいとお願いすると、Peterさんはシンプルに答えてくれました:「絶えず、すべてを絵に描いていきましょう!」

Peterさんのウェブサイトはこちら
Peterさんのブログはこちら
2014年9月の月の作家ノミネート作品はこちら

moleskinerie.comより

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月31日

『ティム・バートンの世界』展のご案内

TimBurton

image from Official Facebook

みなさんはティム・バートン監督のどの映画が好きですか?ティム・バートン監督のファンの人はすでに知っているかもしれませんが、11月1日より、東京の森アーツセンターギャラリーで『ティム・バートンの世界』展が開催されますよ!

『ティム・バートンの世界』展
会期:2014年11月1日(土)〜2015年1月4日(日)
場所:森アーツセンターギャラリー
時間:11:00〜22:00(土日祝は23:00まで)
入場料あり
公式サイト:http://www.tim-burton.jp/

「今年日本公開20周年を迎える「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」をはじめ、「シザーハンズ」、「バットマン」、「チャーリーとチョコレート工場」など数多くの映画作品を世に送り出しているティム・バートンのルーツを知ることができる展覧会を開催。キャラクターの原画やオブジェをはじめ、10代の頃に撮影した秘蔵映像や写真、手紙といった貴重な資料など約500点の作品を展示します。日本初上陸となる本展をお楽しみください。」(六本木ヒルズのサイトより)

*Moleskineはティム・バートン監督の功績を讃えて、ニューヨーク現代美術館MoMAで開催されたティム・バートン監督の回顧展(2009年)のための特別なウィークリーダイアリーを制作したことがありました。この場を借りて、改めて紹介しておきますね。(・・・ちなみに、私が愛してやまないのは『ビッグ・フィッシュ』と『ビートル・ジュース』です!)

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月30日

akikoyanaの限定版モレスキンの世界観に合わせたチャームがかわいい!

akikoyana1

モレスキンには「カスタマイズのしどころ」がいくつかありますが、しおり紐もそのひとつです。akikoyanaさんは、しおり紐にこだわりのチャームを結びつけて、モレスキンの限定版ノートブックを楽しんでいるようです!

「思いついたこと含め、なんでも書き込む手帳を携帯しはじめて半年が過ぎ、3冊目。同じサイズで揃えたいので、MOLESKINEのポケットサイズにしています。最初に使い始めたものが、The Hobbitの限定版。それならば、出来るかぎり限定版で続けてみようかと思い立ちました。しょっちゅうは手に入らないという特別感があり、愛着も余計に湧くように思って。

1、2冊目は、Hobbitの限定版。3、4冊目は、ジブリのカスタムエディション。そして、たまたまamazonを見て歩いていたら、既に手に入りにくくなっている、2010年のあの限定版が、無理のない価格で販売されていました!SNOOPYの60周年記念限定版です。・・・」

akikoyana2

「ジブリのモレスキンから、栞に付けるチャームを、同じ世界のものにしています。モレスキンだけではなく、チャームもこれから探すことになりそうです。「紅の豚」のは、ポルコにしたかったのですが手に入らず、妥協。」

akikoyana3

「スヌーピーのは、ウッドストックにしたかったのですが、残念ながら品切れ。でも、スヌーピーが居てよかった。・・・」

akikoyanaさんのブログはこちら
@akikoyanaをフォローしよう!

*Moleskineはこれまで細部にこだわった限定版ノートブックを多く発表してきましたが、しおり紐まで素敵に飾ったものはありません!いっそう特別で素敵なノートブックが完成しましたね・・・羨ましい!

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月29日

『伝説のノート』が文房具カフェに、来る!?

bunbougucafe

モレスキンをこれから使いたいと思う人、もう使いこなしている人、すでに生活の一部になっている人へ・・・。2014年11月18日(火)から12月18日(木)の期間をぜひ気にしていて下さい。詳細がリリースされ次第、モレスキナリーでもご案内します。乞うご期待ください!

文房具カフェのブログより
@bunbougucafeをフォローしよう!
文房具カフェのウェブサイト

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月28日

YOKOのMoleskineアトリエに遊びに行ってみた!

モレスキナリー管理人のYOKOです。久しぶりに東京に来ているので、有楽町の「Moleskineアトリエ」へ出かけてみました。普段はクラシカルタイプのノートブックを使っていますが、Moleskineアトリエでいろいろなノートブックを見ていると、新しいノートブックスタイルを取り入れるのもいいかもしれない!と思ってしまいます。

まず気になったのは、2015年ダイアリーではじめて登場した「スリムパノラマダイアリー」です。驚いたのは、しおり紐にモレスキンのモノグラムと「M」を発見したこと!このしおり紐は他のモレスキンにも採用されているのかしら・・・

 IMG_0229

こちらは限定版の『ホビット』ノートブック第3弾。年末に公開される映画『ホビット 決戦のゆくえ』を待ちに待っている私としては、展示してある「スロールの地図」が気になって仕方ありません。早速光りにかざして・・・おぉ!ルーン文字が出てきた!どういう仕掛けになっているかは内緒にしておきます・・・

IMG_0227

また、カウンターには、日本画・水彩画家の新保裕希さんのスケッチ作品が展示してありました。以前モレスキナリーで、新保さんが描いた青空色のオウムを紹介したことがありとても印象に残っていたので、実際の作品を観ることができ本当に嬉しかったです。

IMG_0228

やはり、モレスキンを直接手に取ることができる、実物を見ることができる、というのはいいですね。発見が多くあります。ぜひまた出かけてみたいと思います!

Moleskineアトリエは、全国に8カ所あるようです!moleskine.co.jp

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月27日

雅風のモレスキン世代交代、さてその重さは・・・?

gafu1

gafu2

てのひら工房の雅風さんのモレスキンが、3代目から4代目へ世代交代しました!新しい4代目と比べると、3代目のスクエアードノートブックはずしっと重たくなっているようです・・・

「6月になってから水色モレスキン(限定版キャスキッドソン×モレスキン)を使い始めました。これをもって、正式に今まで使ってきた3代目いつモレ(スクエアードラージ)を卒業。最後はここまでの重さになりました(写真上)。水色モレスキンの呼称はキャスモレ(結局、他にいい呼び名が浮かばなかったのでこれで、笑)です。スタート時の重さはこちら(写真下)。

愛着をもって長く使える(1冊ですべてを記録していける)ようにとページ数の多い、でも、厚みが出過ぎないタイプを選んできました。ですが、3代目いつモレの終盤はやはり重かった(汗)。そして書きにくさが・・。なので、これから使っていくキャスモレでは、貼りものはなるべく控えてそれでも楽しく面白く使っていきたいと考えています。(控えては、あくまで気持ち、で、おなじようになるかも、ですけどね。笑)・・・」

雅風さんのブログはこちら
雅風さんの以前の記事

*モレスキンが使い終わりに差し掛かると、記録の重みをずっしり感じますよね。モレスキンファンにはとても嬉しい重みです・・・:)

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月26日

ハヤテノコウジの自分の「いいね!」ノート

「ソーシャルメディア時代の今、誰かのコンテンツに「いいね!」を押す作業を、ほぼ毎日行っているような気がします。私はおよそ1ヶ月くらい前から、まず自分自身にとって「良いね」と思ったことを「いかに忘れているか」に気づきました。他人にいいねをしている場合ではないと。・・・」

hayatenokouji

刻々と流れていく情報をただ目で追っていく日々から一歩進んでみませんか!?ハヤテノコウジさんに習って、「自分だけの情報」をノートの中に積み上げていきましょう!

「自分の「良いね!」を見つけて記憶するために、「自分のお気に入り」や「好きな事」、「好きな店」「好きなパターン」だけを書くノートを作りました。モレスキンのXSサイズのデイリーカレンダー。半額でセールされていた1冊で、使い道が決まっていなかった1冊です。ノートに印刷された日付を無視して、自分にとっての「良いね!」を書き続けています。

たとえば、青山エリアを散策するコースで、とても楽しかった経路。初めて入ってみた銀座の喫茶店の営業時間。ものすごくつかれた午前中をなかったことにする、おいしいラーメン屋。なんども通っているけど、改めてその良さを知った人気カフェ。帰省したときに、お墓の掃除をすること。などなど、自分が「良いねー!これは良い。うれしいし楽しい、いい気分。大好き」といったことだけを、「良いね!ノート」に記すわけです。・・・」

つづきを読もう!ハヤテノコウジさんのブログ
@hayatenokoujiをフォローしよう!
ハヤテノコウジさんの以前の記事

*自分が好きなもの、自分から湧き出たことば、自分だけの気持ち・・・なによりも大切にしたい情報がここにありますね。自分を忘れないように、小さな1冊を用意してみてはいかがでしょう?

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月25日

『ホビット』限定ノートブック第3弾

hobbit2

J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を原作とする映画『ホビット』3部作は、2014年末についに最終章を迎えますね!映画第3部『ホビット 決戦のゆくえ』の公開に先立ち、Moleskineは今年も特別なノートブックを発表しました。モレスキンのホビット限定版ノートブック第3段には、次のような特徴があるようです。

  1. 表紙はナツメグブラウン色のファブリック素材でできています
  2. ノートブックには、トールキン自身によって小説に描かれた7枚の挿絵と、作中の印象的なフレーズが数ページにわたり描かれています。
  3. さらに、付属の「スロールの地図」を光にかざせば、隠されたルーン文字が現れます。
  4. ラージサイズ、ルールドノートブック

Moleskine USより
ホビットシリーズの限定版モレスキンの関連記事

hobbit3

*現在はMoleskineアトリエのみで取扱っているそうですが、11月20日よりその他の店舗・書店で手にすることができるそうです。荒地の国、スロールの地図、隠されたルーン文字・・・『ホビットの冒険』を愛する人にはワクワクする響きですね!!

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月24日

花散日菜のスーツケースを守るモレスキン

hanachiruhina1

ハードカバーのモレスキンノートブックの形をしたラゲージタグがあるのを知っていますか?ノートブックと同じ、In case of loss…の項目が印刷されています。このラゲージタグは今、旅先で花散日菜さんの大切なスーツケースを守っているようです。

「お気に入りのスーツケースに、ラゲージタグを使ってます!ショッキングピンクのスーツケースと漆黒のモレスキンのコントラストが、なんともいえない!お気に入りです。」

花散日菜さんの以前の記事

hanachiruhina2

*旅先でも元気に動き回れそうな素敵な色合いですね、パンダくんとも良いコンビです!・・・似たようなスーツケースが多いのでモレスキンのラゲージタグを付けておくと取り間違いも防げるかもしれませんよ。

Print it in Moleskine MSK format

2014年10月23日

クリエイティビティ・チャレンジ:お題「In Case of Loss」の優勝者

mari

moleskine.comの「クリエイティビティ・チャレンジ」は投稿参加型のイベントです。定期的に新しいお題が発表されるので、あなたの回答を制作し、指定されたタグを付けてmyMoleskineに投稿して下さい。また、作品を投稿しない人も審査員として参加することができます。moleskine.comのアカウントを取得し、投稿作品に★マークの評価を入れて下さい。最も多くの人に評価してもらった作品がそのお題の優勝となり、作家にはMoleskineよりプレゼントが贈られます!

さて、最近の「クリエイティビティ・チャレンジ」のお題は「あなたの In Case of Lossのページを見せて下さい」というものでした。モレスキンの中表紙に刻まれている馴染みの言葉ですね(In Case of Lossがよく分からないよ、という人はこちらへどうぞ)。

このお題の優勝者は、Mariさんでした(写真上)。お礼はチキンウィングとビール!どんな賞金よりも嬉しいお礼かもしれませんね。その他にも面白い In Case of Loss のページが多く投稿されました。

image_474-1024x640
batman_sfc_2

投稿された作品をもっと見てみよう!myMoleskineへまたはPinterest
クリエイティビティ・チャレンジの以前の記事

*新しいお題が発表されたら、モレスキナリーでもすぐに共有しますね!みなさんもぜひ参加してみて下さい!

Print it in Moleskine MSK format

from moleskine