アーカイブ

search

community info info info

2014年11月28日

オクシタニアの「自分軸」と「自己分析ブック」の発想

occitania1

心理学、哲学、西洋占星術など多岐にわたる研究から、「自分軸」を持って人生を生きることの大切さを伝えているオクシタニアさんは、自分軸を知る鍵として「自己分析ブック」の作り方を自由大学の講義などで教えています。今日は、オクシタニアさんが考える「自分軸」そして「自己分析ブック」について教えてもらいました。まず「自分軸」とはいったい何でしょう?・・・

「・・・スクラップは占いの情報だけでなく、興味が赴くままにテーマ別に増えていった。好きなインテリアや、美しいものを集めたスクラップは中でも自分のお気に入りだ。感性を刺激され、美意識を育てられ、磨かれた。自分自身がどんなものに惹かれるのかという傾向も見えてくる。

そして、これらを振り返るという行為が「自分軸」というものを明確に見せてくれる。集められたものが、流行の一過性のものではなく、時代を超えて、今でも私の心に響くものばかりなのである。確実に、私という人間は成長しているのに、変わらないものが見える。これが、自分軸なのである。」(オクシタニアさんのブログより)

occitania2

そして、「自分軸」を発見するために欠かせないのが「自己分析ブック」を長くつづけることだそうです。さらに教えてもらいましょう・・・

「手帳やノートを保管すること前提で使っている私が今、行きついたのが、モレスキンである。そして、スクラップとノートと別々だった記録をモレスキンのフォリオを使って1冊にまとめたもの。それが自己分析ブックである。

モレスキンの強みは、その保管に耐えうるつくりの丈夫さである。シンプルで機能的で、よりクリエイティブを発揮できること。そして、何よりも規格が変わらないこと。ピカソ、ヘミングウェイの時代から変わらない規格。これは、自己分析ブックとして、何冊も続けていくことを前提としている私としては何よりも大事なことなのである。

書いているノートとしてはいいかもしれない。しかし、書き上げたノートはもうすでにノートではなく、ブックなのである。ノートとして意味をなさないものではなく、新たにブックとして生まれ、読み継がれていくものなのである。その1巻と2巻の継続性が、1巻はハードカバーなのに、2巻が文庫版だったり、3巻がいきなり花柄になったりしたら、私の美意識的には、我慢がならんのである。もちろん、そこに意味があればいい。
そうある所以があればいい。むしろ、それがあるなら、面白い。・・・」

オクシタニアさんのブログはこちら
@09Occitaniaをフォローしよう!
オクシタニアさんの以前の記事はこちら

*ばらばらに少しずつ拾い集めた知識、経験の記憶が、わたしたち独自の思想・軸の存在を気付かせてくれるんですね・・・私たちもこれまでつけてきたモレスキンノートブックの記録を振り返り「自分軸」を探してみましょうか?

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月27日

いずパパのモレスキンと京都の紅葉

izupapa

モレスキンノートブックの表紙にそっと置かれた紅葉があまりにも美しかったので、いずパパさんにどちらの紅葉か尋ねてみました。

「京都・東福寺の紅葉です。境内に流れる川をまたぐように架けれた通天橋(つうてんきょう)は、関西でも有数の紅葉の名所になっていて、この季節は平日も朝早くから大勢の環境客で賑わう場所になっています。

この秋は、ひとり暮らしの母に、奈良や京都の紅葉の写真を撮って、見せてあげるのが毎週の日課になりました。とかいいながら、ボク自身も楽しいでいるのですが()

@izupapa0211をフォローしよう!
いずパパさんの以前の記事はこちら

*急に寒くなったのでつい早足で街を通り過ぎてしまう最近ですが、冬を前に燃え上がる紅葉や銀杏の前では、ほんの一瞬、足が止まりませんか?モレスキンノートブックに書き留めておきたい気持ちが、湧いてくる気がします・・・

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月26日

ニュース:MoleskineよりiPhone6カバーがリリース!

Moleskine_iPhone6_cover_3_698

「もしあなたがもうiPhone6を持っているとしたら、あなたはおそらく「良いデザイン」が好きな人なのでしょう。そして、行動もも素早くて、GTD(Getting Things Done)も好きで、日常のある瞬間を誰かと共有する時間を持っている人でしょう。大体あっていますか?さらに、おそらくあなたは、モレスキンノートブックも持っているのではないでしょうか。

この度、Moleskineは新しいiPhone6カバーをリリースしました。この新しいスマートフォンには、黒くて四角いスタイルを採用。アナログツールとデジタルツールの両方を一緒に持ち歩くことで、私たちの生活がより便利になるよう考えました。」

Moleskine_iPhone6_cover_2_698

「Moleskineは、アナログツールとデジタルツールを併用することで創造性と生産性が倍に高まると信じています。そこで、今回の新しいiPhone6カバーにはXSサイズのヴォランを組み合わせることにしました。

パッド入りスエードの裏地とゴム引布革のインナーがiPhoneを保護し、ポート、ボタン、スピーカー、カメラへはアクセスしやすくなっています。カバーはゴムバンドで閉じることができ、内ポケットにはクレジットカードやメモ、切符などを入れておくことができます。オリジナルのモレスキンノートブックのスタイルは、簡単に携帯できるデュアルワークプレイスへと生まれ変わりました。」

moleskine.comのニュースより
Moleskineのデバイスアクセサリーはこちらへ(英語)

*こちらのiPhoneカバーは、現在はEUとUSショップのみの取扱いです。見た目がモレスキンノートブックそっくりで驚きましたね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月25日

Moleskine Journal Appでデジタルモレスキンを体験

cathrine_webster

先日は、Moleskineから登場した新しいアプリ「Moleskine, a Creative Cloud connected app」について紹介しましたが、Moleskineにはもうひとつアプリがあるのを知っていましたか?

Cathrine WebsterさんがMoleskine Journalアプリを使って制作した作品を共有してくれました。みなさんもMoleskine Journalアプリをダウンロードして、デジタルモレスキンを経験してみて下さい。」(moleskine.comのFacebookより)

Molskine-Journal

Moleskine Journal アプリの詳細はこちら
Moleskine Journalアプリで制作した作品は #MoleskineJournal へ

*以前、デイヴィッド・ホックニーの展覧会に出かけたことがあるのですが、ガラスケースの中にモレスキンのスケッチブックを発見し、さらにその先にはiPadで制作されたという新しい作品が展示してありました・・・様々なツールを使い新しい表現に果敢に挑む芸術家たちは、いつも私たちのインスピレーションの源ですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月24日

Bijouのスクラップブック名古屋バージョン

bijou1

今日は、ゴムバンドのおかげでかろうじて閉じることのできる(?)大きなスクラップブックを紹介したいと思います。Bijouさんの美味しい思い出が詰まったモレスキンノートブックです。

「・・・私の大好きなモレスキンについてご紹介します。モレスキンの歴史はさておき、私のモレスキンとの出会いはもう何年も前になりますが、決して安くないこのノート。初めてものを書く時にとても緊張したのを覚えています。今は主にスクラップや育児日記で使っていますが、今日はそんな中の1冊をご紹介したいと思います。

こちらの2冊は名古屋バージョン。名古屋と言えば食文化が面白いですよね。代表的な八丁味噌がらみの料理や、ひつまぶし。手羽先にあんかけスパ。それにそれに、徳川家や織田家など歴史的な文化も豊富なせいか老舗の和菓子屋さんも多いんです。そんな食べ歩きや観光をまとめたものがこちらのノートです。」

bijou2

「イラストは苦手なので、基本的に写真を撮ってスクラップしています。このうな丼はうな富士というお店のものです。関東のうなぎしか食べた事がなかったので焼きのうなぎの香ばしさに感動しました。」

bijou3

「こちらはコメダ珈琲店。フィッシュバーガーの大きさに思わず写真を撮らずにはいられませんでした(笑)。・・・結局1冊使いきってみると10cm程の厚みの蛇腹状になってました。破れ等はありません。記念に残したいという思いもありますが、厚くなったモレスキンを眺める時間が私にとって至福の時であります(笑)。沢山の方がモレスキンを活用なさっていると思いますが、皆さんはどのようにお使いでしょうか?・・・」

Bijouさんのブログはこちら
@time_bijouをフォローしよう!

*なんて美味しそうなものばかりでしょう!(モレスキンも食べ過ぎて太っちゃったのかな 笑)・・・食べ歩きや観光の思い出を、写真や文字にして残すのはやはり楽しいものですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月23日

モレスキナリーはおかげさまで2000記事になりました!

今日は遅ればせながら、みなさんにご報告とお礼が・・・

モレスキナリーは、11月16日のatsquareさんの記事で記念すべき2000記事を迎えました!ポケットサイズのノートブックに換算すると、実に10冊以上の記録が積み重なったことになります。みなさんが共有してくれた物語のひとつひとつが、モレスキナリーの1ページ1ページになりました。

moleskine_donut

先日、札幌のモレスキンユーザーさんがよく集うという「CAFEサーハビー」へ遊びに行ってきました。CAFEサーハビーは、世界を旅する「クリスマス・モレスキン」が始まった場所でもあり、以前、店長のけんけんさんこと野々村さんにインタビューしたこともあります。この日、野々村さんは素敵な「モレスキン・ドーナッツ」アソートを手作りしてくれたのです!モレスキンコミュニティーを祝してくれた野々村さんの気持ちは、今日のモレスキナリーの1ページに記録しておきたいと思います。野々村さん、本当にありがとう!

モレスキナリーは、モレスキンノートブックと私たちの物語です。これからも、モレスキンを片手に閃いたアイデアや、モレスキンと旅した土地のこと、モレスキンと経験したあなたの物語をモレスキナリーに聞かせて下さいね。はじめての投稿も大歓迎です。

これからもモレスキナリーをどうぞよろしくお願いします。

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月22日

ニュース:Moleskine×Adobeの提案でクリエイティブプロセスが進化する!

グラフィックデザイナーやイラストレーターのみなさんなら、ちょっと興奮してしまうニュースではないでしょうか?

「クリエイティブプロセスをよりシンプルに。そして、アナログやデジタルの制限なく作品を制作できるように。「Moleskine Smart Notebook」と連携アプリ「Moleskine, a Creative Cloud conneted app」を使えば、手描きのスケッチがベクトル図形に変換されるので、PhotoshopやIllustratorなどAdoben Creative Cloudのアプリケーションで編集できるようになります。

まずは、Smart Notebookに絵を描いてみましょう。そして、連携アプリを起動させてイメージをキャプチャーします。Smart Notebookには、ページの四隅に印がついているので、イメージを効率よくJPEGやSVGファイルに出力することができます。あなたがAdobe Creative Cloudのメンバーシップを持っているなら、出力したファイルをすぐにCreative Cloudのアプリケーションで開き編集できます。

クリエイティブな人々の多くは「最高のアイデアは動いている時に閃く」といいます。このユニークなノートブックとアプリがあれば、あなたがオフラインの状態でも、スタジオにいない時でも、移動中でも、その閃いたアイデアをキャプチャーすることができます。そしてあなたが仕事場に戻ったら、じっくり制作に打ち込めるのです。」

creativecloudconnected

「Moleskine, a Creative Cloud conneted app」は、App Storeで無料ダウンロードできます(iPhoneのみ)。「Moleskine Smart Notebook」は、moleskine.comでプレオーダーを受付中。

moleskine.comより

*アナログからデジタルへのワーキングフローがますます便利に、簡単になりますね。「Moleskine Smart Notebook」についても、新しい情報が入りましたらモレスキナリーで共有したいと思います!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月21日

モレスキンイベント:田中草樹のモレスキン

11月18日~12月18日まで、表参道の文房具カフェではモレスキンイベントを開催しています。会期中は、モレスキナリーフレンド7人のモレスキンノートが展示してありますので、いつでもご覧頂くことができます。また、モレスキナリーでも今日から、1人1人のモレスキンノートを紹介していこうと思います!

今日紹介するのは、イラストレーターでありデザイナーの田中草樹さんのモレスキンノートです。文房具カフェの奥の方の本棚に飾ってあります。今回出展してくれた3冊のノートブックは、不思議な生き物たちで溢れています!

sojutanaka4sojutanaka2sojutanaka3

「1日1枚絵を描いてFacebookやTwitterなどにアップしています。
MOLESKINEノートの黄色い紙が好きで、ステッドラーのミリペンがよく合います。」

sojuプロフィール:イラストレーター、デザイナー。2006年に渡英し、ロンドンのCamberwell College of Artsでイラストレーションを学ぶ。卒業後はフリーランスとして活動。2012年に帰国してからはデザインの仕事も始める。こども向け雑誌『OKIDO』のイラストを手掛け、『Elephant Parade London』など国内外のさまざまなイベントにも参加している。
www.sojutanaka.com
@sosoju

sojutanaka

田中草樹さんは、11月22日(土)から24日(月祝)までの3日間、神宮前でもグループ展を開催するそうです。会場は文房具カフェからとても近いところにあるので、合わせてぜひお出かけ下さい!

『ドーシとケーヨーシ展』

  • 日時:
    11月22日(土) 14:00-20:00
    11月23日(日)   11:00- 20:00
    11月24日(月祝)11:00-18:00
  • 会場:Irie Yawd
       東京都渋谷区神宮前4-25-7-302
  • 概要:動詞と形容詞から「ことば」を選んで、その「ことば」をテーマに、4人が思い思いに絵を描きました。
    「ことば」はひとつ。でもとらえ方はひとそれぞれ。さて、表の絵はどんな「ことば」をテーマにしているでしょう?

moleskinexbunbougucafelogo

*みなさんが感動した作品がありましたら、ツイッターで構いませんので、ぜひ作家宛にコメントをお寄せ下さいね!きっととても嬉しいと思いますよ!どうぞ宜しくお願いします!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月20日

YOKOのはじめてのワインレコーディングと『ワインジャーナル』

東京の表参道にある文房具カフェでは、11月18日から12月18日まで「モレスキンイベント」を開催中です。今日は、モレスキナリー管理人のYOKOがオープニングイベント『ワインレコーディングの嗜み方』で学んだことをぜひお話させて下さい!

bunbougucafe

「イベントの会期中に文房具カフェを訪ねて頂くと、まず素晴らしいモレスキンノートの展示がみなさんをお迎えします。階段をゆっくり下りながら、ひとりひとりの作品を観賞して下さい。また、普段は様々な文房具で溢れている陳列棚ですが、MOLESKINEアトリエさながら、モレスキンノートでぎっしり埋め尽くされています。ソフトカバーのカラーノートや、限定版の『Hobbit』、『ヴォヤジュール』、新作カラーのモレスキンボールペン、myCloudバッグなども揃っていましたよ!」

wineday1

wineday2

「会期中は、モレスキンにまつわる3回の「ワンデイイベント」が開催されるのですが、私は11月18日のオープニングイベントに参加してきました。『ワインレコーディングの嗜み方』と題されたこのイベントは、講師の瀬川あずさ先生が、ワインの愉しみ方、ワインレコーディングの取り方を教えてくれるレクチャーです。実はお酒がとても弱い私・・・ワインの嗜みなど皆無です。ワインが飲めない私がモレスキンの『ワインジャーナル』を使う日が来ようとは夢にも思いませんでした。

ところが、ワインを愉しむ3つのポイントー①外観、②香り、③味わいーを教えてもらうと、ワインテイスティングは俄然焦点がしぼられてきます。そして私は「その3つのポイントをどのような言葉で表現すればいいだろう」ということに集中することができたのです。「言葉探し」は思いの外、楽しい作業でした。瀬川先生はソムリエなので「正解」となる言葉を知っていますが、私は素人なので、ワインを愉しむ「詩人」であることが許されていました。私は2色のペンを使って、「詩人としての私の言葉」と「ソムリエ瀬川先生の正解の言葉」を2つ書き並べていきました。」

wineday3

「ワインジャーナルの後方にはプレーンページがあるので、そこにレクチャーで学んだワインテイスティングの方法を書きました。赤ペンでは、印象に残った瀬川先生の言葉をメモしています。“ワインの味わいはインターネットで検索できるものではないんですよ”、と瀬川先生。良い言葉です・・・」

wineday4

「イベントでは、A-oneの写真シール(Extra Large)にテイスティングしたワインをプリントしたものが用意されていたので、ページに貼付けました。ワインボトルやエチケットの写真があると、ページの雰囲気がぐっと良くなって、やっぱり嬉しいですね!お酒が弱いこともあってワインには苦手意識がありましたが、今回習ったことを参考にして、ワインをもっと愉しんでいきたいと思います!」

11月18日のワンデイイベント詳細は東京カレンダー

moleskinexbunbougucafelogo

*次第に酔いはじめた私は、ノートの文字をどんどん間違えていきました。酔ってしまう前にレコーディングは終えてしまうのがいいでしょう(笑)・・・さて、ワンデイイベントはあと2回あります!詳細は以前の記事をご覧下さい!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月19日

めっつのオランダの旅を記録したページ

「このモレスキン自体は旅ノートのつもりでは無くて、手帳権アルバム権スクラップ帳権日記帳みたいな何でもありモレスキンになっています。一冊こう使おうと決めても使い切らないのでその様に収まりました。まだ三分の一も使ってないのに既に色々とパンパンです笑」

めっつさんのように、いつも使っているモレスキンノートの中に、旅の記録を混ぜ込んでしまうのもいいですね。今日は、オランダに10日間の旅行に出かけためっつさんの旅のページから一部を紹介したいと思います。近々旅行を予定している人はぜひ参考に!

metsu1

「友人と一緒だったのでゆっくり旅ノートを作る時間は無く、移動中やホテルに帰ってから書き留めたりしていたのですが、今は記憶を掘り起こして旅ノートの真似事をしている感じです。基本的に旅初めに作ったマストリストをベースに書き起こしてます。

旅を始める前にマストリストをツイートしたので、この答え合わせツイみたいなものもしたいな…と考えてました笑 あと、道中食べた物のイラストや、移動中に見つけた素敵ファションの人のスケッチ、モレ旅では基本の電車の切符や美術館チケットなどを貼っています。あとビールが大好きなのでビールのラベルなどもスクラップしました!」

metsu2

「マウリッツハウスにて真珠の耳飾りの少女と二度目の逢瀬、同じようなピアス欲しいなと思ってたらアムステルダムの雑貨屋で発見して迷わず購入した。あの日の恋煩いと共に。」

metsu3

「今回のモレスキンには目次を作りたくなって今更ナンバリング。余白がない頁には数字マステ、バースデー思い出ページは頁分のロウソクマステ、オランダ旅はザ・オランダ色のインクのスタンプで。」

@majecoxをフォローしよう!

*旅行から帰ってまた忙しい日常に戻っても、ふとした時にこの楽しい旅のページが目に留まると、きっと元気が湧いてきてしまいますね・・・私たちも、いつも使っているモレスキンノートの中に思い出をどんどん放り込んでみましょうね!

Print it in Moleskine MSK format

from moleskine