アーカイブ

search

community info info info

2014年11月23日

モレスキナリーはおかげさまで2000記事になりました!

今日は遅ればせながら、みなさんにご報告とお礼が・・・

モレスキナリーは、11月16日のatsquareさんの記事で記念すべき2000記事を迎えました!ポケットサイズのノートブックに換算すると、実に10冊以上の記録が積み重なったことになります。みなさんが共有してくれた物語のひとつひとつが、モレスキナリーの1ページ1ページになりました。

moleskine_donut

先日、札幌のモレスキンユーザーさんがよく集うという「CAFEサーハビー」へ遊びに行ってきました。CAFEサーハビーは、世界を旅する「クリスマス・モレスキン」が始まった場所でもあり、以前、店長のけんけんさんこと野々村さんにインタビューしたこともあります。この日、野々村さんは素敵な「モレスキン・ドーナッツ」アソートを手作りしてくれたのです!モレスキンコミュニティーを祝してくれた野々村さんの気持ちは、今日のモレスキナリーの1ページに記録しておきたいと思います。野々村さん、本当にありがとう!

モレスキナリーは、モレスキンノートブックと私たちの物語です。これからも、モレスキンを片手に閃いたアイデアや、モレスキンと旅した土地のこと、モレスキンと経験したあなたの物語をモレスキナリーに聞かせて下さいね。はじめての投稿も大歓迎です。

これからもモレスキナリーをどうぞよろしくお願いします。

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月22日

ニュース:Moleskine×Adobeの提案でクリエイティブプロセスが進化する!

グラフィックデザイナーやイラストレーターのみなさんなら、ちょっと興奮してしまうニュースではないでしょうか?

「クリエイティブプロセスをよりシンプルに。そして、アナログやデジタルの制限なく作品を制作できるように。「Moleskine Smart Notebook」と連携アプリ「Moleskine, a Creative Cloud conneted app」を使えば、手描きのスケッチがベクトル図形に変換されるので、PhotoshopやIllustratorなどAdoben Creative Cloudのアプリケーションで編集できるようになります。

まずは、Smart Notebookに絵を描いてみましょう。そして、連携アプリを起動させてイメージをキャプチャーします。Smart Notebookには、ページの四隅に印がついているので、イメージを効率よくJPEGやSVGファイルに出力することができます。あなたがAdobe Creative Cloudのメンバーシップを持っているなら、出力したファイルをすぐにCreative Cloudのアプリケーションで開き編集できます。

クリエイティブな人々の多くは「最高のアイデアは動いている時に閃く」といいます。このユニークなノートブックとアプリがあれば、あなたがオフラインの状態でも、スタジオにいない時でも、移動中でも、その閃いたアイデアをキャプチャーすることができます。そしてあなたが仕事場に戻ったら、じっくり制作に打ち込めるのです。」

creativecloudconnected

「Moleskine, a Creative Cloud conneted app」は、App Storeで無料ダウンロードできます(iPhoneのみ)。「Moleskine Smart Notebook」は、moleskine.comでプレオーダーを受付中。

moleskine.comより

*アナログからデジタルへのワーキングフローがますます便利に、簡単になりますね。「Moleskine Smart Notebook」についても、新しい情報が入りましたらモレスキナリーで共有したいと思います!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月21日

モレスキンイベント:田中草樹のモレスキン

11月18日~12月18日まで、表参道の文房具カフェではモレスキンイベントを開催しています。会期中は、モレスキナリーフレンド7人のモレスキンノートが展示してありますので、いつでもご覧頂くことができます。また、モレスキナリーでも今日から、1人1人のモレスキンノートを紹介していこうと思います!

今日紹介するのは、イラストレーターでありデザイナーの田中草樹さんのモレスキンノートです。文房具カフェの奥の方の本棚に飾ってあります。今回出展してくれた3冊のノートブックは、不思議な生き物たちで溢れています!

sojutanaka4sojutanaka2sojutanaka3

「1日1枚絵を描いてFacebookやTwitterなどにアップしています。
MOLESKINEノートの黄色い紙が好きで、ステッドラーのミリペンがよく合います。」

sojuプロフィール:イラストレーター、デザイナー。2006年に渡英し、ロンドンのCamberwell College of Artsでイラストレーションを学ぶ。卒業後はフリーランスとして活動。2012年に帰国してからはデザインの仕事も始める。こども向け雑誌『OKIDO』のイラストを手掛け、『Elephant Parade London』など国内外のさまざまなイベントにも参加している。
www.sojutanaka.com
@sosoju

sojutanaka

田中草樹さんは、11月22日(土)から24日(月祝)までの3日間、神宮前でもグループ展を開催するそうです。会場は文房具カフェからとても近いところにあるので、合わせてぜひお出かけ下さい!

『ドーシとケーヨーシ展』

  • 日時:
    11月22日(土) 14:00-20:00
    11月23日(日)   11:00- 20:00
    11月24日(月祝)11:00-18:00
  • 会場:Irie Yawd
       東京都渋谷区神宮前4-25-7-302
  • 概要:動詞と形容詞から「ことば」を選んで、その「ことば」をテーマに、4人が思い思いに絵を描きました。
    「ことば」はひとつ。でもとらえ方はひとそれぞれ。さて、表の絵はどんな「ことば」をテーマにしているでしょう?

moleskinexbunbougucafelogo

*みなさんが感動した作品がありましたら、ツイッターで構いませんので、ぜひ作家宛にコメントをお寄せ下さいね!きっととても嬉しいと思いますよ!どうぞ宜しくお願いします!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月20日

YOKOのはじめてのワインレコーディングと『ワインジャーナル』

東京の表参道にある文房具カフェでは、11月18日から12月18日まで「モレスキンイベント」を開催中です。今日は、モレスキナリー管理人のYOKOがオープニングイベント『ワインレコーディングの嗜み方』で学んだことをぜひお話させて下さい!

bunbougucafe

「イベントの会期中に文房具カフェを訪ねて頂くと、まず素晴らしいモレスキンノートの展示がみなさんをお迎えします。階段をゆっくり下りながら、ひとりひとりの作品を観賞して下さい。また、普段は様々な文房具で溢れている陳列棚ですが、MOLESKINEアトリエさながら、モレスキンノートでぎっしり埋め尽くされています。ソフトカバーのカラーノートや、限定版の『Hobbit』、『ヴォヤジュール』、新作カラーのモレスキンボールペン、myCloudバッグなども揃っていましたよ!」

wineday1

wineday2

「会期中は、モレスキンにまつわる3回の「ワンデイイベント」が開催されるのですが、私は11月18日のオープニングイベントに参加してきました。『ワインレコーディングの嗜み方』と題されたこのイベントは、講師の瀬川あずさ先生が、ワインの愉しみ方、ワインレコーディングの取り方を教えてくれるレクチャーです。実はお酒がとても弱い私・・・ワインの嗜みなど皆無です。ワインが飲めない私がモレスキンの『ワインジャーナル』を使う日が来ようとは夢にも思いませんでした。

ところが、ワインを愉しむ3つのポイントー①外観、②香り、③味わいーを教えてもらうと、ワインテイスティングは俄然焦点がしぼられてきます。そして私は「その3つのポイントをどのような言葉で表現すればいいだろう」ということに集中することができたのです。「言葉探し」は思いの外、楽しい作業でした。瀬川先生はソムリエなので「正解」となる言葉を知っていますが、私は素人なので、ワインを愉しむ「詩人」であることが許されていました。私は2色のペンを使って、「詩人としての私の言葉」と「ソムリエ瀬川先生の正解の言葉」を2つ書き並べていきました。」

wineday3

「ワインジャーナルの後方にはプレーンページがあるので、そこにレクチャーで学んだワインテイスティングの方法を書きました。赤ペンでは、印象に残った瀬川先生の言葉をメモしています。“ワインの味わいはインターネットで検索できるものではないんですよ”、と瀬川先生。良い言葉です・・・」

wineday4

「イベントでは、A-oneの写真シール(Extra Large)にテイスティングしたワインをプリントしたものが用意されていたので、ページに貼付けました。ワインボトルやエチケットの写真があると、ページの雰囲気がぐっと良くなって、やっぱり嬉しいですね!お酒が弱いこともあってワインには苦手意識がありましたが、今回習ったことを参考にして、ワインをもっと愉しんでいきたいと思います!」

11月18日のワンデイイベント詳細は東京カレンダー

moleskinexbunbougucafelogo

*次第に酔いはじめた私は、ノートの文字をどんどん間違えていきました。酔ってしまう前にレコーディングは終えてしまうのがいいでしょう(笑)・・・さて、ワンデイイベントはあと2回あります!詳細は以前の記事をご覧下さい!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月19日

めっつのオランダの旅を記録したページ

「このモレスキン自体は旅ノートのつもりでは無くて、手帳権アルバム権スクラップ帳権日記帳みたいな何でもありモレスキンになっています。一冊こう使おうと決めても使い切らないのでその様に収まりました。まだ三分の一も使ってないのに既に色々とパンパンです笑」

めっつさんのように、いつも使っているモレスキンノートの中に、旅の記録を混ぜ込んでしまうのもいいですね。今日は、オランダに10日間の旅行に出かけためっつさんの旅のページから一部を紹介したいと思います。近々旅行を予定している人はぜひ参考に!

metsu1

「友人と一緒だったのでゆっくり旅ノートを作る時間は無く、移動中やホテルに帰ってから書き留めたりしていたのですが、今は記憶を掘り起こして旅ノートの真似事をしている感じです。基本的に旅初めに作ったマストリストをベースに書き起こしてます。

旅を始める前にマストリストをツイートしたので、この答え合わせツイみたいなものもしたいな…と考えてました笑 あと、道中食べた物のイラストや、移動中に見つけた素敵ファションの人のスケッチ、モレ旅では基本の電車の切符や美術館チケットなどを貼っています。あとビールが大好きなのでビールのラベルなどもスクラップしました!」

metsu2

「マウリッツハウスにて真珠の耳飾りの少女と二度目の逢瀬、同じようなピアス欲しいなと思ってたらアムステルダムの雑貨屋で発見して迷わず購入した。あの日の恋煩いと共に。」

metsu3

「今回のモレスキンには目次を作りたくなって今更ナンバリング。余白がない頁には数字マステ、バースデー思い出ページは頁分のロウソクマステ、オランダ旅はザ・オランダ色のインクのスタンプで。」

@majecoxをフォローしよう!

*旅行から帰ってまた忙しい日常に戻っても、ふとした時にこの楽しい旅のページが目に留まると、きっと元気が湧いてきてしまいますね・・・私たちも、いつも使っているモレスキンノートの中に思い出をどんどん放り込んでみましょうね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月18日

2015年の「ホワイト」なモレスキンダイアリー

みなさんは来年のダイアリーの準備はもうできていますか?定番のダイアリーをはじめ、限定版ダイアリーや「スリムパノラマダイアリー」や「Evernoteウィークリーダイアリー」など、今年も種類豊富なモレスキンダイアリー・・・どうやって選べばいいか悩んでしまいますね。そこで今日は、あえて「ホワイト」の2015年ダイアリーだけを集めて、みなさんに紹介してみたいと思います!

little_prince1 little_prince2

限定版「星の王子さま」ダイアリー
今から半世紀前に生まれたフランス人作家サンテグジュペリの小説『星の王子さま』を祝してデザインされた、特別なダイアリーです。2015年1月~12月までの12ヶ月ダイアリー。2レイアウト(左がウィークリー、右がデイリー)・2サイズ(ポケットとラージ)の全4種類。

peanuts1 peanuts2

限定版「PEANUTS(ピーナッツ)」ダイアリー
20世紀を代表するポップカルチャーアイコン『ピーナッツ』の愛らしい仲間たちが、表紙や中表紙に印刷された特別なダイアリーです。2015年1月~12月までの12ヶ月ダイアリー。2レイアウト(左がウィークリー、右がデイリー)・2サイズ(ポケットとラージ)の全4種類。

starwars

限定版「STAR WARS」ダイアリー
1977年に誕生し、今なお世界中で影響を与え続けているポップカルチャー不朽の名作『スターウォーズ』とのコラボレーションで生まれた特別なダイアリーです。反乱軍と銀河帝国のエンブレムマーク2種類の特製ステッカー付属。ホワイトカバーはデイリータイプのみで、2サイズ(ポケットとラージ)があります。ブラックカバーはウィークリーダイアリーです。

詳細はmoleskine.co.jp

*馴染みは「ブラック」カバーなので、白いモレスキンが並ぶと新鮮ですね・・・先日、Moleskineアトリエや街の店舗・書店を覗いてみましたが、限定版ダイアリーもまだ見かけましたよ!限定版ダイアリーのデザインはその年だけのものなので、気になる人はぜひチェックしてみて下さいね。

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月17日

Nakamuraのモレスキッチ2014年

nakamura_takashi3

Nakamuraさんは毎年、モレスキンのデイリーダイアリーに絵日記を描いています。手描きで下絵を描いたら、スマートフォンで色づけをするというハイブリッドな絵日記です(これを“モレスキッチ”と呼びます!)。2014年も、Nakamuraさんのダイアリーがユーモラスに埋まってきたようです。私からNakamuraさんにいくつか質問してみました・・・

1. モレスキッチ1作品はだいたいどれくらいの時間で完成しますか?
簡単なものなら線画を描くのに10分、色を塗るのに10分で計20分くらいです。ただ何かを模写したりデッサンするときは、一時間以上かかっていると思います。

2. 楽しく長く日記をつづけるためにはどうしたらいいでしょうか?小さなアドバイスを下さい!
上手い下手は二の次にして、描きたいという気持ちだけを大事にするといいです。毎日描くことだけが続け方ではないので、自分なりの継続スタイルを見つけられるといいですよね。最後に「いつでも休んでいいし、いつでも再開していい」いいんです。

Nakamuraさんの2014年モレスキッチはFlickr
Nakamuraさんの以前の記事はこちら

nakamura_takashi1
nakamura_takashi2

*来年はモレスキンに絵日記をつけてみたい・・・そう思っている人は、Nakamuraさんのアドバイスをぜひ参考にしてみて下さいね。自分らしいスタイルで、楽しい絵日記をつづけられるといいですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月16日

atsquareのXSダイアリーと「一日の終わりに残っている記憶」

atsquare1 atsquare2

「ダイアリー」と聞くと「スケジュール管理のために使わなくては」と思う人もいるかもしれませんが、モレスキンダイアリーはスケジュール管理以外の様々な用途で楽しんでいる人も多くいます。例えば、atsquareさんの場合、XSサイズの小さなダイアリーを「一日の終わりに残っている記憶」を書き留めるために使っています。

「デイリーダイアリー / ハードカバー / XSです。一日分が1ページなので辞書のような厚さが印象的です。大きさは縦10.5 cm x 横6.5 cmとコンパクト。名刺と同じぐらいのサイズです。iPhoneと比べてみると、手のひらに収まる感覚が伝わってきます。

一日分の小さなスペースに “今日” を書く事にしました。ダイアリーだから当たり前でしょうか。忘れたくない、忘れちゃいけない大切なことは “その場で記録” となりますが、このダイアリーは一日の終わりに頭に残っている記憶を振り返って記録することにしています。

見たこと 聞いたこと 発見したこと 笑ったこと 怒ったこと 嬉しかったこと 悲しかったこと」など回想。書く事柄は一つと決めいているので、何を書こうか選ぶプロセスを楽しんだりする日もありました。常に持ち歩いて記録するアクティブなノートブックではなく、(ゆるく)残しておくことを楽しめたらいいなと思っています。」

dd-xs-2

「デイリーダイアリーを選んだのは、”書かない日” を作らないようにする最低限のプレッシャーを課すためでもあります。数日書いたところで、Evernoteに保管してカードビューで閲覧してみました。・・・」

atsquareさんのブログ
@atsquareをフォローしよう!
atsquareさんの以前の記事

*「忘れたくないその日の出来事」だけを厳選した小さな記録、とても優しい1冊ですね・・・私たちもベッドわきに小さなノートブックを置いてみましょうか?私たちなら、寝る前にどんなことを書き込むでしょうね?

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月15日

投票受付中!2014年10月の「月の作家」ノミネート作品

10月もmyMoleskineにモレスキン作品を投稿して頂きありがとうございました。素晴らしいアーティストが数多くいる中で、ノミネート作品を選出しなければならないのは簡単なことではありませんが、今月も3人のファイナリストを発表したいと思います!

2014年10月の「月の作家」投票はFacebook

dominicdamien-creeper-853x1024
Dominic Damienさん作「Creeper」

burzuri-placadestjust-cut
Joan Ramon Farré Burzuriさん作「Plaça de st. Just(サン・ジャスト広場)」

bennetklein-demonthegeisha-1024x768
Bennet Kleinさん作「Demon & the Geisha(デーモンと芸者)」

 

201410月の「月の作家」投票はFacebook

20149月の「月の作家」はこちら

Print it in Moleskine MSK format

2014年11月14日

一龍のデイリーダイアリーの小口に月別インデックスをつくる方法

ichiryu1

モレスキンのデイリーダイアリーの分厚さはまるで聖書のようです。使い込んでいくうちに表紙はますます手に馴染み、小口も味わい深い風体になっていきます。・・・この小口の分厚さを利用して、一龍さんは2015年に使うデイリーダイアリーに、ひと月分のページ分量がひと目で分かるインデックスをつくりました。

「・・・月別インデックスがあると、過去のページを探すときなどに非常に便利。ただ、シールなどを使うのはあまり好きではないので、私は直接マジックで色付けすることにしています。・・・罫線が入っているので、それを目印にしてマークしていけば綺麗にインデックスを記すことができます。」

ichiryu2

「用意したのは名前ペン。このペンははっきりとした発色が好きで使っていますが、おこのみで色々試してみたらいいと思います。ただ、個人的にはハッキリクッキリしたペンがいいと思います。あとはベージを挟めるもの。私はブックストッパーを使用しました。これで一ヶ月分のページを挟んでマークしていきます。今回は罫線2本分(2行分)で一ヶ月のインデックスとしました。・・・」

インデックスのつくり方を学ぼう!一龍さんのブログ
@ichiryuuをフォローしよう!
一龍さんの以前の記事はこちら

*罫線の幅を利用すれば、定規がなくても綺麗にインデックスが刻めるんですね!昔のページを読み返す頻度の多い人には特に重宝しそうなカスタマイズです!

Print it in Moleskine MSK format

from moleskine