アーカイブ

search

community info info info

2014年12月19日

Susanna Schwabの倹約宣言

Susanna

スイスのゾロトゥルンという街に暮らすSusanna Schwabさんは、ホワイトカバーのモレスキンノートブックの表紙に、Susannaさんの固い意志を可愛らしく表現しています。

「このモレスキンの使い道をはっきりさせようと思いこの表紙を作りました。私は3人の息子を持つシングルマザーで社会福祉手当を受けていて、少ない生活費で暮らしているので家計簿をつけたいと思いました。そこで、家計計画手帳を作り、スイスにあることわざ<Wer den Franken nicht ehrt, ist des Rappen nicht wert.>を表現してみました。これは“1ペニーを尊重しない人は、1ドルの価値もない”というような意味です。」

Susanna SchwabさんのmyMoleskine

*日本にも「一円を笑うものは一円に泣く」ということわざがありますね。2015年に「倹約」の目標を掲げている人は、Susannaさんのようにその意志を表紙に表現してみるのもいいですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月18日

モレスキンイベントより:keiの鉛筆ドローイング

11月18日より文房具カフェで開催していたモレスキンイベントは今日が最終日となります。時間がある人はぜひ覗いてみて下さいね。遠方で来ることのできない人のために、今日はモレスキンイベントで展示している作品の中から、鉛筆のみで描かれた表情豊かな猫のドローイングを紹介したいと思います。

kei1 kei2

「日々のスケッチ用に持ち歩いているMOLESKINEのカイエです。ドローイング専用のもので、だいたい1日1猫(気分が乗ればもっと!)を描いています。カイエの紙は鉛筆の黒鉛の乗り具合が良く、階調も出やすいのでドローイングに向いていると思います。ラージサイズかポケットサイズかは、その日の気分と荷物の量で使い分けています。」

keiプロフィール:猫好きのデザイナー、イラストレーター、画家。絵は鉛筆のドローイングと水彩画が中心。猫を描くことが多いが、たまに他のものも描いている。MOLESKINEは日々のドローイングやスケッチに活用している。毎日のドローイングはinstagramで公開中。

keiさんのinstagram
keiさんのブログ
@kei0727をフォローしよう!

moleskinexbunbougucafelogo

*私はkeiさんの猫のドローイングの大ファンです!私たちも薄いカイエノートブックと鉛筆1本を持って絵を描く習慣をつけてみたいと思いませんか?いつも同じように見ている世界をさまざまな視点でとらえてみたいですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月17日

あくびのモレスキンノートブックを2015年の手帖にカスタマイズ

「自分にぴったりのダイアリーが見つからないよ!」・・・そういう人は、あくびさんのように、モレスキンノートブックを使って自分に合うダイアリーを手作りしてみてはいかがでしょう?あくびさんの2015年のダイアリーは、モレスキンスケッチブックに、文房具のさまざまなカスタムアイテムを駆使した手作りダイアリーだそうですよ!

akubi1

「来年のダイアリーは、シュルツミュージアム限定版スヌーピーモレスキンのスケッチブックを改造(?)したオリジナルダイアリーです!この限定版はずっと前に買ったはいいものの、何に使うか迷っていました。そこで、モレスキンユーザーの皆さんのアイデアをヒントにして、2015年ダイアリーを手作りしてみたのです!通常のダイアリーはソフトカバーだから、筆箱バンドを付けると一年で表紙がくにゃっとなってしまって。。でも、今回はハードカバーだから、その心配はない!やったー‼︎」

akubi2

「カスタマイズには、GreetingLifeの「Custom Diary Stickers(カスタムダイアリーステッカー)プレーン」のインデックスとカレンダーを使いました(写真2)。」

akubi4

akubi3

「それから、MIDORIが出してる「ポケットシール」(写真3)と「ペンギンインデックスシール」(写真4)を今年も使って、可愛い私の分厚い手帖に来年もお世話になります。」

あくびさんの以前の記事はこちら

*12月後のぺんぎんインデックスにはいったい何が書かれるのでしょうね、気になります!・・・文房具屋さんに行くと、最近は手帳のカスタムアイテムが本当に豊富なので、ノートブック1冊を手帖に変身させてしまうのも簡単になりましたね。みなさんも理想の手帖を手作りしてみてはいかがでしょう?

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月16日

ソフトカバーカラーノートブックの「ドット方眼」レイアウトを試そう!

soft_colour

モレスキンファンのみなさんなら、モレスキンノートブックには、定番の3つのレイアウト【プレーン(無地)、ルールド(横罫)、スクエアード(方眼)】があるのを知っていますね?では、「ドット方眼」という新しいレイアウトが今年の3月に登場したのを知っていましたか?

「ドット方眼」は、ソフトカバーカラーノートブックのみに採用されているレイアウトですが、moleskine.comのドット方眼のテンプレートをダウンロードすれば、この新しいレイアウトを試すことができます。あるいは、いつも使っているノートブックに必要な分だけドット方眼のページを作ってみるのもいいですね。

テンプレートのダウンロード方法

moleskine_colored_notebooks_soft_cover_3_347

ソフトカバーカラーノートブックの詳細はmoleskine.co.jp
ソフトカバーカラーノートブックの関連記事

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月15日

モレスキンイベントより:飯野隆志のMerry Christmas!!

クリスマスイルミネーションで輝く街は、クリスマスパーティーや忘年会、年末年始の準備で賑わっていますね。表参道の文房具カフェで開催しているモレスキンイベントもあと数日で終わります。今日は、モレスキンイベントで展示している作品の中から、今の季節にぴったりなスケッチを紹介したいと思います。

minny1

minny2

「僕のスケッチは、街歩きをしながら描いたものです。気になった場所やモノの佇まいに惹かれ、MOLESKINEノートを開きます。一番楽しいのはスイーツスケッチ。描いて食べる至福のひとときです。素敵なお店をスケッチしたら、スタッフさんと仲良しになれました。MOLESKINEスケッチは、たくさんの潤いを与えてくれるのです。」

minnyプロフィール:ライフライン関係の会社員。富山在住。時々ライフハックと向き合い、自分に馴染む習慣づくりをしている。MOLESKINEには、スケッチを通してライフシーンを入れている。スケッチはまったくの自己流。MOLESKINEを相棒に日々人生を楽しんでいる。

飯野さんのブログはこちら
@minny67をフォローしよう!
飯野さんの以前の記事はこちら

moleskinexbunbougucafelogo

*ヴィンテージアイテムの風合いを愛する飯野さんのスケッチには、クリーム色のモレスキンの紙がとてもよく合っているようですね。どのページにも、温もりを感じる素晴らしい絵が描かれていましたよ!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月14日

新商品:『NOTEBOOK & PEN PACK(ノートブック&ペンパック)』

 

notebook_pen_pack1

 

今日は、モレスキン総合代理店より新商品のお知らせが届きましたのでみなさんに共有したいと思います。明日12月15日より『NOTEBOOK & PEN PACK(ノートブック&ペンパック)』がリリースされるそうですよ!

「ノートブックは、モレスキン定番ロングセラーのひとつ、ルールドノートブックのポケットサイズとラージサイズ。使いやすい横罫線は、ポピュラーな6mm幅。Moleskineの原点でもあるブラックのハードカバータイプです。存在感がありながらも、ひときわシンプルなデザインは、使いこむほどに愛着が湧く、パートナーのようなノートブックです。

ペンは、Moleskineのクリックボールペンのブラック(細字 0.5mm)が1本ついてきます。ハードカバーノートブックの表紙に挟んで使うのに理想的なデザインです。クリップ部分もブラックで、質感にもこだわったペンをノートブックに添えて、いつでも湧きあがるイマジネーションを逃すことなく、すぐに書き留められます。」(参考資料より)

notebook_pen_pack2

*明日より、Moleskineアトリエや店舗、書店で順次取扱いが始まるそうです。初めてモレスキンを使う人や、クリスマス・忘年会のプレゼントにぴったりかもしれませんね。入手方法については以前の記事をぜひ参考にして下さい!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月13日

あさみさだむのスケッチ “雪の降る夜”

モレスキナリーフレンドのあさみさだむさんはmoleskine.comのmyMoleskineに多くの作品を投稿しています。その作品のひとつがMoleskine社の目に留まり、あさみさんは素敵なプロジェクトに参加することになったそうですよ!

asamisadam3

「・・・Moleskineの本社から連絡があり、今年のWinter Holidayの期間中に販売される同社の商品につけられる「ギフト・タグ」に、僕のこのイラストを使用したいという申し出でした。具体的に、どうデザインされて、どう使われるのかはまだわかりませんが、ワクワクする話ではありませんか。・・・実は、このイラストには特別な思い入れがあります。2012年2月から使い始めた、Moleskineのスケッチブック、その後の僕のスケッチスタイルの定番となりました。そして、使い始めて2枚目が、この初めて縦書きに挑戦したこのスケッチでした。・・・」

asamisadamu4
asamisadam2

「そして、今日イタリア・ミラノのモレスキン本社から僕宛に郵便が届きました。中にはこんなものが・・・・・僕を含め、4人のイラストレーターの作品をデザインした今年のギフトタグが完成したのです。左端が僕の作品です。

裏面には送り主名と相手の名前、そしてメッセージが書けるようになっています。何より、嬉しいのは正面に作者として僕の名前がちゃんと印刷されている事です。こんな風にノートに挟んで、プレゼントします。プレゼントでなくてもしおりとしても使えます。多分、世界中のモレスキンのショップで配られるのだと思います。世界中の人が、僕のタグを使ってくれている、想像しただけでワクワクします。・・・」

あさみさだむさんのブログ
@asamipeaceをフォローしよう!
あさみさだむさんの以前の記事

*あさみさだむさん、本当におめでとうございます!!今年も世界中で、あさみさだむさんのスケッチのように真っ白な雪景色を目にする人がいるのでしょうね・・・

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月12日

恋人たちのモレスキン4:Hwan LeeのHappy Birthday♪

韓国出身のHwan Leeさんは、ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアルアーツで美術学士を取得し、現在東京に暮らしています。今日は、Hwanさんがボーイフレンドの誕生日のために制作したとても愛らしい映像を紹介したいと思います。

Hwanさんのモレスキンドローイングを観よう!Facebook
Hwanさんのウェブサイト
@artHwanLeeをフォローしよう!

*遠距離恋愛が長かったというHwanさん。素敵なサプライズムービーですね!・・・私たちも大好きな人を喜ばせるためにクリエイティビティを発揮させたいですね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月11日

モレスキンイベントより:ハヤテノコウジのマンスリー絵日記

 

hayatenokouji1

11月18日から12月18日まで表参道の文房具カフェで開催しているモレスキンイベントは、残すところ約1週間となりました。今日は、モレスキンイベントで展示している作品の中から、ハヤテノコウジさんの描くマンスリー絵日記を紹介したいと思います。

「MOLESKINEスケッチブックに描いたマンスリー絵日記です。2ヶ月の出来事の中から印象に残ったことをピックアップし、見開きでイラストにしました。絵だけしか描いていませんが、私にとっては楽しい思い出を再起動させる装置となっています。」

hayatenokoujiプロフィール:会社員、アナログブロガー、イラストレーター。旅や日常の記憶を独自の表現で発表している。MOLESKINEスケッチブックに絵日記やアート作品を制作しており、本作品のようにフレームを使ったイラスト表現を得意とする。最近では、雑誌向けフードイラスト、レストランメニューのイラストを手掛ける。作品はブログやZINEでも公開中。

ハヤテノコウジさんのサイト
@hayatenokoujiをフォローしよう!

moleskinexbunbougucafelogo

*12月16日に開催されるワンデイイベントでは、ハヤテノコウジさんが担当するワークショップで、素敵なページを作るためのヒントを教えてもらえます!予約が必要ですので、参加ご希望の方はこちらで詳細を確認して下さいね!

Print it in Moleskine MSK format

2014年12月10日

JOJOの年の暮れのモレスキンダイアリー

JOJO1

モレスキンダイアリーの膨らみ、重さを感じる時、本当に年末を実感しますね。愛着あるダイアリーと別れる淋しさ、1冊を使い終える達成感、新しいダイアリーを開く喜び・・・モレスキンファンにとって、色々な気持ちが交差する季節です。今日は、2008年から写真日記を続けているJOJOさんの、年末のモレスキンダイアリーの様子を見せてもらいましょう。

「今年もあと1カ月。ダイアリーも残り少なくなってきて、ああ1年が終わるんだな~という感じです。このカバーは、モレスキン専用カバーで2007年から使っています。7年使って、だいぶ革の風合いが良くなってきました(写真上)。なので、他のダイアリーに浮気できないのです。来年もモレスキンとつきあいます。

カバーの表紙『MOLESKINE DIARY』の文字は、手作りです。シール専用のラベルを使いました。手作りでシールを作るのが好きなのです。せっかくなので、手作りシールベタベタのマイ鞄の画像も添付しておきます(写真下)。moleskinerieのシールもありますよ。その上の『2014』とあるのは、DYMOという刻印ぽく印字されるシールです。ここだけ毎年張り替えます。」

JOJOさんの以前の記事はこちら

JOJO2

*BOSSのシールの下にmoleskinerieのシールを見つけましたよ!嬉しいです:)・・・みなさんも、2014年のダイアリーを使い終える時の気持ちをぜひモレスキナリーに聞かせて下さい。一年の節目を肌で感じることができるのはアナログダイアリーの魅力かもしれませんね。

Print it in Moleskine MSK format

from moleskine