アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2009年11月26日

フランス大使館の旧庁舎が舞台のアートイベント「NO MAN’S LAND」

NO_MANS_LAND

在日フランス大使館が新庁舎に移転したことを知っていますか?取り壊しが決定した旧庁舎では、本日よりフランス大使館主催のアートイベント「NO MAN’S LAND(ノーマンズランド)」が開催されます。東京の広尾に現存するフランス大使館の古い旧庁舎は世界各国のアーティストの創作空間となります。壊される建物にこそ表現できる大胆なクリエーションに触れることができます。

Detour東京に参加した作家たちの中にも、このイベントに参加するアーティストがいます: 妹島和世(SANAA)、グエナエル・ニコラ、松井えり菜、三宅信太郎、西沢立衛(SANAA)。

「フランス大使館の新庁舎への移転は、1950年代に建てられた旧庁舎をアーティストたちに明け渡し、消える運命にあるこの類稀な場所について考える貴重な機会となった。フランス人、日本人に加え、イギリス人やイラン人など70人近いアーティストが一堂に会する「NO MAN’S LAND(ノーマンズランド)」は「領域」の概念を探求する。・・・

期間中アーティストは現場で作品を制作する。定期的に訪問すれば、制作過程の進展を見ることができるというわけだ。アーティストによっては現場にアトリエを構える。見学者は自由にアトリエを訪れ、藝術が沸騰する場を自分の目で確かめることができる。・・・」(イベント資料より)

期間:2009年11月26日(木)~2010年1月31日(日)
開館:木・日曜日 / 10時-18時、金・土曜日 / 10時-22時
休館 :毎週月~水曜日と2009年12月28日~2010年1月6日
場所 :フランス大使館旧館(東京都港区南麻布4-11-44) MAP
入場料 :無料

*取り壊される建物をアーティストたちに開放する動きは世界中で見られ、その度に失われるには惜しい作品が誕生してきました。現存するフランス大使館が公開される最初で最後のチャンスです!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

フランス大使館の旧庁舎が舞台のアートイベント「NO MAN’S LAND」を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

フランス大使館で現代アート NO MAN’S LAND

お昼は六本木のJAGDA TOKYOで長澤昌彦さん×緒方裕子さんによる
「>Nice to meet you」展、最終日におじゃましました。
長澤さんは動物をモチーフにしたポスターで、
羊の角がクリスマスリースになっていたり、
カッティングしたオウムの向こうにバラが見えたり。
以前、一緒にお仕事させて頂いた時は知らなかった
優しくて温かみのある作風。
とってもファンタジックな作品に思わず見とれてしまいました。
長澤さんのHP
http://www012.upp.so-ne

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine