アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2009年12月5日

アムステルダム大学図書館

Roelof1
Roelof4

先日発表されたThe Great Indoors 2009では、Serve&Facilitate(公共施設)のカテゴリーにRoelof MulderさんとIra Koersさんがデザインしたアムステルダム大学の新しい図書館が選ばれました。オランダで開催されるThe Great Indoors Awardは、優れたインテリアデザインに授与される国際的な賞です。5つのカテゴリーが設けられ各1名に賞が授与されます。

Roelof Mulderさんはオランダを拠点に活動するアートディレクター、デザイナーであり、モレスキンユーザーの一人でもあります。Roelofさんがモレスキンをどのように使っているか教えてくれました。

「この図書館のデザインにはモレスキンが関わっていますよ!私はどこに行くにもモレスキンを持ち歩いていて、主に2つの理由で使います。たいていは旅行中にアイディアが浮かんだ時に使っています。また、オフィスでプロジェクトに取り掛かっている時にもよく利用しています。プロジェクトとは何も関係ないけれど本当にいいアイディアが浮かんだ時には、その瞬間にモレスキンに書き留めるか、絵を少しだけ描きます。」

Roelof3

アムステルダム大学図書館について:

本がどこにも見当たらないこの図書館では、勉強するための”home”に戻ってきたと感じることができます。アムステルダム大学の膨大な書籍の数々は閉鎖された保管庫や書庫、様々なオープンスペースに収められています。毎日1500人から5000人もの学生たちが、勉強したり、パソコンで予約した書籍を受け取りにここを訪れます。将来、建て替えが検討されていますが、大学側は勉強部屋と235のワークスペースを含む2500spmのこの空間により新しく現代的なインテリアを希望しました。

学生たちの第二の我が家として、2つのことが重視されました。本の白いページのように学生たちが自由にその役割を決めることができる空間と、学生たちが気軽に勉強することができる家庭的な雰囲気を持つエリアです。この図書館では、例えば、キッチンテーブルが置かれた勉強部屋でランプのもとグループワークを行ったり、大きなソファーで新聞を読んだり、様々な椅子が置かれたエリアで休憩をしたり、静かな勉強部屋の間の広間に特設され
たエリアで電話をすることができます。

アムステルダム大学図書館の詳細はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

アムステルダム大学図書館を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 2015年10月、altmetrics関連のカンファレンスやワークショップに参加すべくオランダはアムステルダムを訪れたのですが、せっかくなので現地の大学図書館も視察してみようと思い立ち、先ずはアムステルダム大学図書館を候補に挙げて事前調査。 ところがググってもアムステルダム公共図書館の情報はそれなりに充実してるけど、CAポータルで紹介されてる記事(オランダのデザイン賞を受賞したアムステルダム大学図書館の写真)とそのソース(英)とかせいぜいこれくらいしか有用な情報見当たらず。文献もヒットしてこないので予備知識殆どない状態での訪問となりました。 そんな状態なのに(で)、中の人に詳しく館内案内してもらいたいなという想いも強くなり、先ずはウェブサイトから問い合わせし、ツイートもしてみたところ、親切な返信が。 […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine