アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2010年2月9日

高原真由美のA4サイズモレスキンのオーガナイズ

Mayumi_takahara

一般社団法人ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美さんは空間をオーガナイズするプロフェッショナルですが、A4サイズの大きなモレスキンの整理術も素晴らしいです。

「もともと小さいサイズのをちょこちょこ使用していましたが、一元化できず結局違うノートやそのへんにあるメモを使ってしまい、何をどこに書いたを忘れてしまい探すことに時間がかかる、という悪循環におちいってましたので、このA4サイズの登場は非常にありがたいです。

情報を一元化し、時系列に並べる、というのが私にとっては今のところ一番検索がしやすい情報整理術だと思っています。部屋や家具の寸法をはかり記録したり(図面作成の下書き)、顧客と打ち合わせの記録、セミナーや講演会に参加した時のメモ(主にマインドマップ的にメモをとってます)や自分の中で考えをまとめる時等に、大活躍しています。

別の紙に書かれてあることも、書き写すのではなく、切り取ってペタペタはれますし、簡単なイメージマップ(写真やイラストの切り貼り)もつくりやすいですしね。あんまり貼りすぎると、ノートが分厚くなりますがそれもご愛嬌。ここでゴムバンドが役立つのも心くすぐられます♪見開きにするとA3サイズになるところも気にいってます。この大きさが発想力と構想力を広げるように、勝手に思っています。(笑)」

高原さんのブログはこちら
高原さんのサイトはこちら

*A4、A3のモレスキン、はそのサイズ故に使うのを躊躇ってしまう人も多いと思います。フォリオをビジネスシーンで活用していらっしゃる方はいますか?どんな風に使っているのかとても気になるところです!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

高原真由美のA4サイズモレスキンのオーガナイズを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine