アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2010年3月1日

季節のページ:ショパンのワルツ

418px-Chopin1849opt02

2010年の今年は作曲家ショパンの生誕200周年にあたります。今日は「子犬のワルツ」として知られるショパンの有名な曲をご紹介します。

Valse in D-flat major "Minute Waltz" – Op. 64 No. 1

「小犬のワルツ( Valse du Petit Chien)はフレデリック・ショパンが作曲したピアノのためワルツである。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられた。子犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれている。この曲は英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)という愛称でも親しまれている。なお中盤の高く短い音は子犬がつけた鈴の音といわれている。」(Wikipediaより)

Image: Chopin1849

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

季節のページ:ショパンのワルツを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine