アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年2月5日

カスタマイズエディションの作り方【シルクスクリーンプリント編】

先日ご紹介したカスタマイズエディションの作り方【デボス加工編】に引き続き、シルクスクリーンプリント編が登場です!非常にわくわくする映像ですよ!

今回はシルクスクリーンプリントの工程をご紹介します。これはステンシルの原理と全く同じです。フレーム内には布製メッシュが張られており、これに非透過性の感光乳剤を塗ってきれいに塞いでしまいます。紫外線を照射することでプリント用のネガができあがります。この方法を採用することで、図版を詳細にプリントできる他、複雑で細かいディテールのロゴも色彩豊かにプリントすることができるのです。

映像では、様々な表面に応用可能なこの印刷技術の中でも、手作業によって行われる最も重要な作業工程を取り上げています。

シルクスクリーンプリントはカスタマイズモレスキンを制作するためにMoleskineが採用している主要な技術のひとつで、特に色鮮やかな図版のカスタマイズエディションを製造するのに適しています。・・・」

詳細はmoleskine.co.jp
カスタマイズエディションの作り方【デボス加工編】はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

カスタマイズエディションの作り方【シルクスクリーンプリント編】を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine