アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年5月7日

スナップショット: Ed Hall

名前: Ed Hall、漫画家やイラストレーターの編集、フロリダ州ジャクソンヴィル出身
ウェブサイト: http://halltoons.blogspot.com

1. あなたが今使っているモレスキンは何ですか?
ラージサイズのスケッチブックと(本当に大きい)A4サイズのスケッチブックを時間のかかる作品制作や綿密なデッサンを描くために使っています。

2. モレスキンノートブックはどのように使っていますか?
私はイラストレーターの編集という仕事上、生活の中でスケッチを続けています、なのでモレスキンはいつも私と一緒です。未来の漫画のためにジャンル別のスケッチをしたり、人々が日常でするポーズを描いたり、デッサンをしたりするのに使っています。A4サイズのモレスキンにするデッサンは本当に楽しいですよ。私の膝に心地よくフィットしますし、紙質が素晴らしい(ひどく打ち付けても大丈夫な厚さと、細かい線をインクで描くのに私には十分な滑らかさです)。また、紙の色自体が皮膚の色を描くのにとても適しています。私は少なくとも週2回はヌードモデルを描くのですが、モレスキンに描いた絵は今のところ私のベスト作品です。最近は、 “Wednesday Sketchup”という週一回のスケッチの会をここジャクソンヴィルで始めたところです。水曜の午後に数人でコーヒーを囲んで集まりスケッチをするこの会は、本格的なウィークリースケッチャーズミーティングとなりました。Facebookにファンページがあり、誰でも参加、投稿できるようになっています。この会に集まる人たちの中にもモレスキンを使っている人がいます。

3. 次はモレスキンをどこに持っていきますか?
12月にアトランタで開催されるComiCon(コミコン)に招待されているので、その頃には確実にそこにいます。2冊のスケッチブックを持っていって、現場をスケッチしたり私の作品を売ったりしていると思います。ComiConはコスプレをした人たちをスケッチしたり、コミックイラストのアイディアを練るには最高の場所です。

4. あなたは世界に何を伝えたいですか?
コンピューターから離れてスケッチブックを握ろう。昨今は、人間関係、自然や自分自身のことなど、デジタルでないことを忘れてしまうのはとても簡単になっています。絵を描くことで、これらは全て強化されますよ。スケッチをすること、他のアーティストたちとのコミュニケーションは、私たちを携帯電話やコンピューターから一時的に自由にしてくれます。

5. この5年の間に、あなたとモレスキンはどこに向かうと思いますか?
いっぱいですよ。いっぱいの冗談と、たくさんのインスピレーション、未来のカトゥーンやペインティングのための作品制作。また、本の形で私のモレスキンに描いた作品集を出版したいです。

スナップショットで取り上げてほしい!という人はmoleskinerie@moleskine.comへメールして下さいね
以前のスナップショットはこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

スナップショット: Ed Hallを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine