アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年5月2日

girasoleの5年間の足跡

私たちはどうして毎日の記録を大切に思うのでしょうか?モレスキンノートブックに日記を5年以上つけているgirasoleさんがその理由を知っているようです・・・。

「2006年1月1日から付け始めた日記。たまたま文房具屋さんで見つけた手帳が気に入ってこれに書くのが楽しくて5年以上続いてる。今使ってるのは10冊目。ショーン(息子さん)の相手がメインの日々は毎日大変な割にはあまり代わり映えが無くて、夜になると、どっと疲れが押し寄せて来る割には”今日なにしてたんだっけ?”なんて思う事もあります。。。でも、ちょこっと書き留めておくとそれほど代わり映えが無いなぁ。。。と思う日々の中にも、ショーンの成長が見えた嬉しい瞬間とか、辛い事、悔しい事、悲しい事。。。(ネガティブな事が多すぎ?(笑))、ご飯が思ったより美味しく作れた事とか、ジョン(旦那さん)がかけてくれた優しい言葉とか。去年の今日は何してたかな?とか。ただ時間が消化されて行くだけじゃなくて自分の足跡が残っているみたいですごくいいです。・・・」

girasoleさんのブログはこちら

*記録することで、自分の日々がただ消費されてきたものではないことに自分で気付く。この気付きが、後に自分の世界を大きく広げてくれるものかもしれませんね!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

girasoleの5年間の足跡を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine