アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年5月14日

Namba Hiroyaの3冊のモレスキンの物語

茅ヶ崎サーファーのNambaさんは、ゴールデンウィーク中に机の書棚にある3冊のモレスキンノートブックに目がとまりました・・・

「1冊目は、家中のアカウントメモ。インターネット社会になり、どこも彼処も、IDとパスワード。全てが統一できていないためにどうしてもわからなくなる。 ・・・ありとあらゆる生活の全て、対外的接点がこれ一冊で見える。2冊目は、大切な言葉。勇気付られた言葉を書き留めておくノート。90年代からのメモ を、ある時に、このノートに書き留めた。著名人とは限らない。小説や漫画の台詞もある。20代の頃に書き留めた言葉を読み返したら、、、今でも陳腐化せず 新鮮で強い言葉たちだった。・・・

そして3冊目。実は白紙。まだ何を書き込むのか決まっていない。昨年、少し絵を描き始めたが、別のスケッチブックを用意した。何年後に書き始めるのだろうか自分でも楽しみだ。机の書棚に3冊並ぶモレスキンのノートブック。僕の人生の象徴だと気が付いた。」

全文読もう!Nambaさんのブログはこちら

*3冊のモレスキンノートブックが自身にとって何であるかを発見した様子が描かれているステキな物語だと思いました。みなさんは自身のモレスキンに何かを発見したことはありますか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Namba Hiroyaの3冊のモレスキンの物語を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine