アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年6月22日

タカヤのローラーペンとゴムバンドの関係における新発見!


モレスキンカウボーイことタカヤさんは、Moleskineの新しいWritingコレクションのローラーペンを早速表紙に装着し使ってみたそうです。ところが、これまで身体に染み付いていた一連のアクションーアイディアが閃く→ノートブックのゴムバンドを外す→さっと書くーという反射神経に不都合が生じたのだといいます。そこで早速、工夫が始まりました!・・・

「・・・このペンはモレスキンの表紙の右端に設置されるため、ゴムバンドをするときに、ペンをまたいで越えるような感じでゴムバンドをしなければならないので、こ こが一手順多いような感じがしてしまうのである。自分にとってモレスキンを使う上で、「思考をさえぎらないこと」がとても大切。脳からWrite downするときに「思考を遮られるような感覚」を極力少なくするということがモレスキンカウボーイの使い方のTipsの一つ。・・・

さて、そこでFlickrなどで海外のモレスキンユーザーの使い方を見ていて気づくことなんだけど、モレスキンのゴムバンドをしおり代わりに使って いる人が非常に多いことに気づく。つまり、ゴムバンドをしおり代わりにすることで、モレスキンをパッと開いた段階で、新しく書き込むページを開けるので非 常に便利なのである。しかも片手で開けるという最大のメリット有。
今まで、自分の場合モレスキンを使う場合は丁寧にゴムバンドを書くときに外し、書き終わったらゴムバンドを留めて・・・とやっていたのだけど、この ペンを取り付けたことをきっかけに、この「ゴムバンドしおり形式」を適用してみたところ、このペンの恐るべき性能に気がついた。・・・」

タカヤさんの発見を読もう!こちら
@blanqをフォローしよう!
タカヤさんの以前の記事はこちら

タカヤさんのデザインカレンダー7月版はこちら

*モレスキンにまつわる一連のアクションに新たな型が生まれましたね!・・・“さっ”と書き留めるスピードの“さっ”の素早さにこだわりのある人は多いと思います。みなさんは、突然閃くアイディアが消えてしまわないうちに書き留めるために、どのような工夫をしていますか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

タカヤのローラーペンとゴムバンドの関係における新発見!を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine