アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年6月16日

田中ゆりのレッスンの後のモレスキンノートブック

バレエの先生をしている田中ゆりさんは、仕事モードになっている頭を切り替えるためにモレスキンノートブックを使っているようです・・・

「教え終わって帰ってきても、お風呂に入っても、眠ってからでも、その日のクラスのことを考えていることがあります。あのクラスはあーだった、あの子はこうだったetc.ついついそのままの頭の中の勢いで、一方的に話してしまうので、このままでは家族関係も、友人関係も悪くなりかねない。こういうのって「仕事人間」っていうのよね・・・

心配になり、教え終わったら、できるだけ人と話す前に、その日の気が付いたことをノートに書くことにしています。書けばひとまずそこでその話は一段落ついたような気がします・・・」

田中さんのブログはこちら
田中さんのバレエ教室はこちら

Picture by Edgar Degas

*頭がカッカしたまま人に会うと、無意識に声が大きくなっていたり、歩調がとても速くなったていたりしますね。ノートブックは生活の中で呼吸を整えるのを手伝ってくれるかもしれません。

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

田中ゆりのレッスンの後のモレスキンノートブックを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine