アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年7月18日

コバヤシヨシノリの線画とスケッチブック


イラストレーターのコバヤシヨシノリさんの作品はモレスキナリーでもよく掲載させてもらっています。モレスキンのスケッチブックに毎日絵を描くというコバヤシさんですが、最近その作風には変化があったようです。興味深いお話を聞かせてもらいました。

「僕はスケッチブックタイプを3年程使用しています。それは、制作活動の為のアイデアや下絵を描いたり、また気付いた事などを残す為に使っています。最近は見開きでひとつの絵を描き、開いているスペースに後程自分の絵に対して気付いたこと、発見したことなどを書いています。

僕は線画が好きでほぼ毎日描いており、何千、何万と線を引き、最近ようやく自分の気に入った線が引けるようになってきたので、その線を使って細かな毛並みの動物を描いてみたくなり、そうしたら今度はその線を使って色々と他のものも描いてみたくなりました。新しい線を見つけた時、モレスキンは独特な紙質だからその線との相性は良くないだろうなと思っていたのですが、多少の違いはありますが思い通りに描くことができ自信に繋がりました。

こういうものが描きたいのだけれど、どうしてもうまくいかない、そんな時もあえて文章にして残しておきました。そして、その問題が解決した時も記録として残してあります。なにかひとつ問題が解決するとまた新たに問題が発生する。そんな繰り返しでかれこれ3年経ち僕のスケッチブックも2冊目が終わります。1冊目の1ページ目に描くのが恐ろしくなかなか手が出せなかったのが嘘のように現在は好き勝手に描きどんどんページが進んでいきます。でも、その余白には当時の記録が残っているので、時々読み返しています。初志貫徹で行くために。」

コバヤシさんのイラストレーションはFlickr
コバヤシさんの以前の記事はこちら

*スケッチブックの中で自分の絵の成長を実感できることは嬉しいですね・・・今日は1本の線から立体的な世界を生み出す線画の魅力を感じて頂けたらと思います!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

コバヤシヨシノリの線画とスケッチブックを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine