アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年9月8日

blancdesignの夏の旅の記録

残暑の折、みなさんいかがお過ごしでしょうか?今年の夏はどこかへ旅に出かけましたか?

イギリスに住むblancdesignさんは、フランスは西部、大西洋に注ぐロワール川河畔の街ナントからトゥールにかけて、一週間ほど旅してきたそうです。この旅でblancdesignさんのモレスキンノートがどのようにお供したのか、教えてもらいました。

「私は旅行時は常にMoleskineのラージ方眼帳を持ち歩いていて、旅程や感想・ツッコミなど何でも書き込んでいます。美術館の展示物のスケッチ、城や聖堂の間取りや構造なども描きます(その為に方眼が一番都合が良いのです)。入場券、切符、観光先で貰ったパンフレットの良い写真、御菓子のパッケージなどもどんどん張り込みます。旅行には常にミニハサミとスティック糊も忘れずに持っていきます。

昔はそういった紙モノを全部バラで持ち帰っていたのですが、帰った時にはどれが何時の何だか記憶があやふやで訳が判らなくなり、また嵩張るので、現在は一日の終わりに宿で全部整理して、切り取る部分は切り取り、全部一冊のMoleskineに貼るようにしています。見境無く張り込むのでノートがどんどん分厚くなります…。綴じ部分が崩壊した事も何度かあるので、今は使用開始前に背表紙を透明ビニールテープで補強しています。見栄えは悪いですが、分解するよりましなので。」

blancdesignさんの旅の写真はFlickr
blancdesignさんのブログはこちら

*聖堂の外観や内部構造をこのように記録しながら旅していけると楽しいですね!通り過ぎるだけでは忘れてしまうような歴史やディテール、そこで目にしたもの全てが、ページの上に鮮やかに残されています!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

blancdesignの夏の旅の記録を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] blancdesignさんのブログはこちらへ blancdesignさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine