アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年10月1日

The Big Draw ドローイングの祭典

9月と10月、イギリスのロンドンではデザインやアートのイベントが多く開催されます。イギリス出身のイラストレーターたちも筆記具を手にして屋外パフォーマンスを行うようです。

「The Big Drawは、Big Splashとして始まり、現在では世界20ヶ国で開催されているドローイングの祭典です。このイベントが開催されるロンドンでは、人々が公園やギャラリー、地下鉄の駅、美術館、道端、学校などで絵を描くことになっています。また、プロフェッショナル、学生、通りすがりの人問わず、誰もがエキシビション、ワークショップ、ドローイングセッション、ライブパフォーマンスに参加することができます。・・・

さらに、イギリスの児童文学作家の巨匠クェンティン・ブレイク氏がキングスクロスのエリアを屋外アートスタジオにしてしまいます。ブレイク氏のイベントには他にも多くのイラストレーターが参加します。エルベ・チュレ、マリオン・ジュカーズ、サラ・ブリッドグランド、カリー・フランズマン、ジョー・バーガー、ブライアン・タルボットなど、大御所から若手まで、プロフェッショナルからアマチュアまでが“Big Draw”の中に取り込まれていきます。

Moleskineはこのイベントのために2冊の特別なスケッチブックとヴォランノートブックを制作しました。・・・The Big Drawは2011年10月1日から31日まで開催です。」

The Big Drawの詳細はこちら
Moleskine.comより

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

The Big Draw ドローイングの祭典を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine