アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年11月25日

オクシタニアの考えごと、モレスキンの「変わらない価値」「続く価値」

私たちがこんなにモレスキンノートに夢中になるのはなぜでしょうか?考えてみたことはありますか?オクシタニアさんは、モレスキンの魅力について考えてみました・・・

「・・・最近、手帳の季節だからか、お客さまとモレスキンの魅力について語ることが多いです。改めて考えてみたんです。モレスキンの何にこんなに惹かれてるんだろうって。ひとつ今、考えていたのが、変わらない価値。続く価値。

ノートは消耗品。商品のサイクルが早く、次々と新しいデザインのノートが生まれ、なくなっていく中で、残り続け、選ばれ続ける価値。モノが消費される中、大人から子どもへ受け継ぐものがなくなっていく。そもそも、「受け継ぐ」という価値観さえ絶滅危惧種。もう、ただ、消費され行くだけの新しいものなどいらないのではないか。消費者に、ならないで。ノートを消費せず、投資にする。モレスキンの価値。」

オクシタニアさんのブログはこちら
オクシタニアさんの以前の記事はこちら

Artwork by ポール・セリュジエ ‘La Grammaire’/Wikicommons

*「長く変わらない」ということが、私たちのモレスキンノートの使い方にバリエーションを与えてくれているようです・・・みなさんはモレスキンノートのどういうところにひかれますか?ぜひ投稿して下さいね。

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

オクシタニアの考えごと、モレスキンの「変わらない価値」「続く価値」を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine