アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年11月4日

カスタマイズエディション:「翻訳」の芸術性を讃えて・・・

アメリカのニューヨーク州には、140以上の言語を話す人々が暮らす地区があります。その豊か文化を讃えて、またひとつ特別なモレスキンノートが制作されたようです。

「ニューヨーク市東部に位置するクイーンズ区は、220万人の居住者のうち46%がアメリカ合衆国以外の出身であるという多様性に富んだコミュニティーです。タガログ語−一般的にはフィリピン語として知られる−など140以上の言語が使われています。クイーンズ区における言語の多様性に着目したthe Queens Council on the Artsは、クイーンズ地区に住むライターたちに様々な翻訳を依頼し、クイーンズ区にすむ観客に多様な言語を直接聞く機会を設けました。このプロジェクトはQueens in Love with Literature (QUILL)と題されています。

Moleskineは、翻訳の芸術性にインスピレーションを受け、QUILLプロジェクトのための特別なノートブックを制作しました。紫色の帯が巻かれたハードカバー、ポケットサイズのノートブックの表紙には、エマヌエル・ラカバがタガログ語で書いた詩がシルバーでデボス加工されています。表紙の内側には、クイーンズ区の詩人ローリエイト・パオロ・ハヴィエによる原文の詩とその翻訳がシルクスクリーンされています。・・・」

moleskine.comより

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

カスタマイズエディション:「翻訳」の芸術性を讃えて・・・を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine