アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2011年11月3日

平田幸一の文字の色分け、ペンのサイズ分け

平田幸一さんは、スクエアードノートのポケットサイズをスケジュール用に、ラージサイズをなんでも帳にと、2冊を使っています。書き込む内容によってペンの色を変えることで、ページがとても見易くなるようです!

「まずは、モレスキンのスクエアード・ポケット。 これは、スケジュール用の手帳として利用している。日付の入ったデイリーダイアリーを検討したのだが、さすがに1年分はブッとくて、携帯するにはかさばる。そこで考えたのが、スクエアード・ポケットの各ページに日付スタンプを打ち、ダイアリー仕立てにすること。それもスタンプは曜日入りのヤツがいい。・・・モレスキンとセットするペンは、フリクションボール・シリーズで最も細いビズタイプ0.5㎜にする。 計画を書くためのブラックと実績を記すブルーを表紙に差し込む。・・・」

「次に買い求めたモレスキンのスクエアード・ラージは、ポケットの方眼線よりも濃くて、その存在を感じさせる。いままでの方眼ノートよりも、ラインがハッキリしていてうるさい(目障り)のだ。 ・・・が、少し考えたら「使うペンを変えればええんちゃうの」と思い立つ。黒のラインに黒文字が重なると見にくいので、ペンの色をブルー(最終的にはブルーブラック)にする。さらにラインと文字の太さが近いのもよくないから、ペンを0.7㎜とサイズアップした。注釈用にオレンジも使うことにし、・・・」

つづきを読もう!平田さんのブログはこちら

*文字の色、ペンの太さによってページの見え方はかなり変わってくるようですね。書き込んだ情報が何だか読み辛いと感じている人は、平田さんに習って文字の色分けから始めてみてはいかがでしょうか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

平田幸一の文字の色分け、ペンのサイズ分けを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] もっと読もう!平田さんのブログへ @happy1hirataをフォローしよう! 平田さんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine