アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年1月29日

Moleskine Portraits: Amanda SternとNathan Sensel


Moleskine Portraitsイベントのアーティストの新しいインタビューが届きましたのでご紹介したいと思います!

Amanda Stern – 作家、Happy Endingの主催者
Nathan Sensel – アーティスト、アート教育者

あなたは誰ですか?何をしている人ですか?
AS-私はAmanda Sternといいます。近しい友人は私のことを“Frankie”と呼びますが、他の人たちはただ“You”です。私は小説家で、The Happy Ending Music and Reading Seriesの設立者で、ショーのプロデュースも行い、NYCにあるJoe’s Pubのホストでもあります。私が最初に書いた小説“The Lond Haul”はSoft Skull Pressから出版されています。これまでに子どもや若い人向けに11冊の本を書き(PenguinとHyperionから出版)、The Believer、The New York Times、Post Road、Five Chapters、Spinning Jennyなどの誌面で詩、フィクション、ノンフィクションを出版してきました。AARP(アメリカ退職者協会)の資格を得る前に、次の小説を書き上げたいと思います。

NS―愛称はNate、アーティスト、教育者です。美術館を調査したり、いつも様々な方法で人々が芸術に参加できるよう努めています。毎週木曜日の夜には“New Ways of Seeing”ブルックリン美術館でドローイングのワークショップを行っています。クレイジーで素晴らしい作品がいっぱい完成していますよ。ホイットニー美術館では今月、砂糖を使ってドクロの鋳型をとる方法を子どもたちに教えます。また、High 5 Tickets to the Artsというオーガニゼーションを通して、ティーンエイジャーたちと一緒に芸術に関連した仕事をしており、ほぼ毎日MoMAを訪れてはポートレート抽象画革命、そしてカレーのことなどについてみんなと話をしています。

−モレスキンノートブックは、あなたの人生の一部、クリエイティブプロセスの一部となっているでしょうか?
AS―はい、もちろんですよ。さっと取り出しては、もうどんなことにでもモレスキンを使っています。私が持っている薄いノートは、2冊目の小説のシーンやアイディアを書き留めるのに使っています。別の1冊はただのToDOリストです。それからカレンダー用に1冊、物語のアイディアのためにもう1冊。ライトブラウンのと、黒のと、赤のと、覚醒のと、幻覚のと・・・あら、ごめんなさい、これは違うリストだわ・・・それからモレスキンのラップトップケースも持っています。モレスキン買いだめ病なんです。

NS―私は、クラシカルなハードカバーのノートブックに滑らかで厚口の紙のものが好きです。1ヶ月に1回、私のブルックリンのスタジオで人物画のセッションを開催しているのですが、デッサンで埋め尽くされたノートがたくさんあります。

−あなたは1月30日のMoleskine Portraitイベントでプロジェクトのプレゼンテーションを行うそうですが・・・それはどういうものですか?
AS―Nate Senselさんと私は一緒にインタラクティブポートレートのワークショップをしようと思っています。誰かと一緒に行うことで、私たち自身を形成しているある傾向を理解することができるでしょう。ワードスタンプとライティング、スケッチなどを組み合わせたいと思います。

NS―それはまさに、あなたについてです。私たちのプロジェクトでは、参加者に言葉を使って彼ら自身のポートレートを作ってもらおうと思います。過去にあなたは誰でしたか?今はいったいどんな人でしょう?そして、どの瞬間があなたの人生のターニングポイントになりましたか?

―以前にコラボレーションしていたのですか?もしあるとしたら、どうやってコラボレーションしていましたか?
AS―本当にありがたいことに、Nate Senselさんと私は一緒にうまく活動しています。別々に動いていても、ちゃんと一部となっています。補完しあう媒体同士なんです。さらに、彼がとても温厚で、私みたいに威張ってないおかげです。

NS―Amandaと一緒に活動できることはとても幸運なことです。彼女はスマートで、面白くて、少しだけ威張っています。

−あなたにインスピレーションを与えるものは何ですか?
AS―新しいアイディアと、コラボレーション、何もないところから何かを作り出すこと、素晴らしい会話、長い1人歩き、歌、立ち聞き、人間観察

NS―他の人たちはみんな私の刺激になります。私は人々が何を考えているのかを聞きたいです。最もインスピレーションを受けるのは、自身の世界でとてもオープンに素直に振る舞う人たちです。

−あなたはプレーン、ルールド、スクエアードの中でどれが一番好きですか?
AS―ルールドです。いつも、そして唯一好きなものです。もし私がRulistなら、ルールドノートになります。

NS―プレーンです。騒がしくないので。

Amanda Sternさんのサイトはこちら
Nathan Senselさんのサイトはこちら

Moleskine Portraits参加アーティストの以前のインタビューはこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Moleskine Portraits: Amanda SternとNathan Senselを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine