アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年1月18日

Moleskine Portraits

今月末、ニューヨークではMoleskine主催のイベントが開催されます。今日は、そのイベントの概要と、イベントに参加するアーティストのインタビューを紹介したいと思います。

「1月30日の夜、ニューヨークではMoleskine主催のイベント“Moleskine Portraits”が開催されます。このイベントでは、アーティストたちがMoleskineのアイテムを使ってそれぞれのポートレートを作り出します。文字のポートレート、音のポートレート、味のポートレート、写真のポートレートなど手法は様々です。私たちは、この夜のために作品を制作してくれるアーティストやデザイナーたちを数週間にわたり紹介していきたいと思います。

Phillip Stearns-アート、ハイテク、サウンド

−あなたは誰ですか?何をしていますか?
私はPhillip Stearnsと言います。アーティスト、技術者、教育者です。アーティストとしては、電子技術を用いて、サウンド、インタラクティブライト、サウンドインスタレーション、デジタルプリント、テキスタイル、音楽など、様々な要素からなる作品を作っています。Tumblrには、最新作であるYear of the Glitchをアップしているので見てみて下さい。平日は、Voltaic System−ソーラー充電器やソーラーバッグをデザインしている会社−の技術者として1日働いています。また、カナダ放送協会におけるオーディオやビデオの技術ワークも行っています、他のアーティストのプロジェクトを手伝ったりもします。ごく最近では、Josh HadarSolar Treeというプロジェクトでソーラーパネルとライトを取り付ける仕事をしてきました。みなさんが実用性のある電子機器について興味があるようでしたら、私は3rd Wardというところで教えていますので、ぜひ授業をチェックして下さいね。

−モレスキンノートブックは、あなたの人生の一部、クリエイティブプロセスの一部となっているでしょうか?
ノートブックは数冊持っていて定期的に使っています。Voltaic Systemでの研究の際に、技術データを書き留めるためにハードカバーのスクエアードノートブックを使っています。

−あなたは1月30日のMoleskine Portraitイベントでプロジェクトのプレゼンテーションを行うそうですが・・・それはどういうものですか?
私は、Moleskineのメッセンジャーバッグやペン、鉛筆、リーディングライトなどを使って作り出した音から、さらに音のピースを開発したいと思います。

−あなたにインスピレーションを与えるものは何ですか?
(私にとってはですが)何か新しいことをする、特別なことをする、あるいは、刺激的なことをする。仕事では、テクノロジーと自然という今日の社会においてたくさんの問題を抱える2つの力から多くのインスピレーションを得ています。科学、芸術そして哲学の分野には素晴らしい精神がたくさんあります−それらの精神が伝えていること、共有していることを経験することが、私には大きな感動なのです。

−あなたはプレーン、ルールド、スクエアードの中でどれが一番好きですか?
こう言ってしまうと私がはっきりしない男であるように聞こえますが、プレーンとスクエアードを行ったり来たりしています。」

Phillip Stearnsさんのサイトはこちら
イベントの詳細はこちら

*この日運良くニューヨークへいるという人は、ぜひこのイベントを訪ねてみて下さい!まずRSVPにて登録を行って下さい。無料で参加することができます!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Moleskine Portraitsを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 1月30日にニューヨークで開催されたMoleskine主催のイベントMoleskine Portraitsより、参加したアーティストの新しいインタビューです。 […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine