アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年2月22日

2011年の物語:ひねもすのミュージックノートブック

JAZZ研でピアノを担当しているひねもすさんは、昨年の9月にモレスキンのミュージックノートブックに出会いました。それからは、ミュージックノートブックが欠かせない日々のようです!

「「何か音楽のメモに使えるのはないかな」とネット上をふらふらしていたらですね、五線譜があってなおかつポケットサイズ!なモレスキンに出会いまして、最初は「高いナ~!」と思ったんですが、様々な方のレビューを見て「すぐには使い切らなさそうだ」と思い購入を決定しました^^!高校生の時位から文房具にこだわりを持つようになって、最初は自作のシャープペンシル(まだまだ現役!下の写真にちゃっかり写り込んでますw)。そして、SUTAEDTLER社の筆箱(これもまた現役)と、長く使えたり自分に合ったものを探すようになりまして、筆箱の中も必要最低限しか入っていません!・・・そんなこんなで、使えば使うほど味が出るモレスキンとの出会いは必然だったと言えるでしょう(強引w)

ミュージックノートは主に音楽関係のことをメモするときに使っています。私はJAZZ研でピアノ担当していて、アドリブなどのアイデアはミュージックノートに書き留めるようにしています。そのほかにも、イラストやメモなど幅広く書くノートとして使っています^^財布よりもなくしたら困るかもしれませんw手帳系はすべてモレスキン!色々な人に勧めたい手帳ですね!・・・」

ひねもすさんのブログはこちら
@hinemos_jazzをフォローしよう!

*アイディアを言葉や図を使ってメモするように、音の閃きを音符を使ってメモできたらどんなに素敵でしょうか。いつも羨ましく思ってしまいます!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2011年の物語:ひねもすのミュージックノートブックを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine