アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年3月7日

minny67の「自分の感覚」が「自分の絵」で残された最初のページ

この鮮やかなワゴンの絵をみなさん覚えていますか?半年前にモレスキナリーにて紹介しましたが、これはminny67さんが出会ったジュース屋さんのワゴンです。昨年、minny67さんは「自分が惹かれたモノ、よさを感じたときの絵面」を残していこうと決めました。こちらの絵がその試みの最初のページとなりました。

「・・・自分の中に湧き上がった感覚は、自分の手を使ってイメージを起こしたい。 ただそれだけの理由なのですが、40代半ばの今、自分とって大切なことのように思えてなりません。どんなペースになるかわかりませんが、地道にコツコツ続けていきたいと考えています。下手のモノ好きかもしれませんが、絵を描いている時間は楽しいです。描き始めるときは、「ちゃんと描けるかな?」と思う瞬間があります。そんなときはこのフレーズを思い起こすようにしています。

”恥ずかしがらないで、モレしよう!”

どんな絵になっても、モレスキンなら収めてくれる。モレスキンに何もかも預けるつもりで描きすすめていくのです。」

minny67さんのブログはこちら
@minny67をフォローしよう!

*自分の感覚を表現する時、私たちはつい他人の言葉や表現を借りてきてしまいますね・・・私たちも、今一度、自分の絵、自分の言葉の大切さを見直してみませんか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

minny67の「自分の感覚」が「自分の絵」で残された最初のページを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine