アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年3月18日

Mr.Kの読書ノートと知識の蓄積

Mr.Kさんはふとしたことからモレ本2を手にしました。開いてみると、なんとそこには、学生時代の先輩のノートブックがあるではありませんか!・・・これをきっかけにMr.Kさんの知識の蓄積が始まるのです・・・

「今まで、読書は多くて年間20冊。それも、流し読んだだけだった。2011年、色々な挫折に直面し、「自分には何ができるのか?」と迷いながら読書に打ち込み始めた。金がないので、本は図書館で借りては返していた。読書はするものの、「より良い人生」を希求して始めた手段としての読書が、目的化していた。蓄積は、薄いものだった。

そんなとき、モレ本2を手に取った。驚くべきことに、学生時代に尊敬していた先輩のノートがそこにあった。10年以上の歳月が、先輩との格差を絶対的なものにしていたことを思い知った。「今からできることは何か?」思わず、モレスキンを買ってしまった。字の下手な自分でも、上手く書ける気がした。そして、これを読書ノートにすることを決めた。書き始めて、本のストーリーは概ねAがあり、Bがあって結論があることに気づいた。本を三ブロックにしてモレスキンに纏めるのが楽しくなった。今まで、図書館に返却していた知識は、モレスキンが保持してくれるようになった。

2011年、201冊の本を読了した。その知恵は、モレスキンに蓄えられた。今までの人生の怠惰を埋めるべく、これからも相棒・モレスキンとともに読書に励みたい。」

*本のコンテンツには“Aがあり、Bがあって結論がある”というのはたいへん面白いですね。3つのカテゴリーにあてはめながら内容の真髄を探っていくと、読書がより深いものになるかもしれませんよ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Mr.Kの読書ノートと知識の蓄積を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine