アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年4月16日

schneuerのポケットサイズノートブック+カイエダイアリー

schneuerさんはこれまでポケットサイズのモレスキンノートブック1冊に情報を集約していたのですが、2012年からの新作であるカイエウィークリーダイアリーを見つけたことで、情報管理の方法に変化があったようです!

「BlackBerry以外にも、iPad初代、iPad2、PlayBook、KindleTouchなどなどいろんなデジタル機器を入手してきた自分だけど、本当は大のアナログ好き。スマートフォンがいくら便利でもアナログツールが手放せない理由は、日々のスケジュールやタスクなど断片的なものは、デジタルに置き換えられるけど、自分の頭の中のことは、どうしてもデジタルに置き換えられないから。自分の思考の全体像や、断片的なアイデアの関連付けをする場合は、どうしても自由に図や絵の描ける手書きのノートが欠かせません。

そんな訳で、自分にとって欠かせないモレスキンのノートの現在の運用法を紹介。この前まで仕事用の手帳をモレスキンのノートに一本化していましたが、最近、モレスキンのカイエシリーズのダイアリーがあることを発見してしまいました。この薄さだったら、2冊持ちにならず、ポケットノートと合体してほぼ1冊の形で使えそう。」

「自分の場合、モレスキンのノートをカバーに入れて使っているので、そのカバーにいっしょに差し込んでみました。横からみた厚さはこんな感じ。裏表紙のポケットにはiPodTouchも入ってます。薄いけど、しっかり月間と週間のスケジュールを書き込むことができます。・・・ここには「今日やったこと」または「今日こ れからやろうとしていること」を書きだしています。言い換えると、リアルタイムな予定や行動結果を書き出す感じ。こうすると、急なタスクが飛び込んでも、 すぐに本筋の行動予定に戻りやすい。最初はこれらをポケットノートのほうに書いていました。しかし、後から日々のアイデアメモや備忘録を読みかえしたとき、これらがノイズになって邪魔だったけど、分冊化することで大分見返しやすくなりそうです。・・・」

全文読もう!schneuerさんのブログはこちら
カイエダイアリーの関連記事はこちら

*「今日すること」といった情報と、「閃き」「アイディア」などは性格が異なるので、ノートの中で一緒くたになってしまうと読み辛いこともありますね・・・schneuerさんのように小さな1冊を追加すると、環境が格段に改善されるかもしれませんよ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

schneuerのポケットサイズノートブック+カイエダイアリーを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 後3つの儀式も教えてもらおう!schneuerさんのブログへ @schneuerをフォローしよう! schneuerさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine