アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年5月20日

おみのモレスキン生活の3つのポイント

モレスキンノートブックを使い始めて2ヶ月になるというおみさんは、気づいたことを何でも書き留めているのだそうです。この2ヶ月の中でおみさんが気付いた3つのことは、これからモレスキンノートブックを使ってみようという人のインスピレーションになるのではないでしょうか?

「・・・こんなどーでもいいようなことをアウトプットするように心がけてます。手帳などの類は飽きっぽく長続きしない自分ですが、今回はなんとか続けられてます。そんな自分が感じたモレスキン生活のよかったポイントをまとめてみました。

なんでもノートに吐き出すと、頭を整理しやすい。どーでもいい悩みとかも、ノートに書きこむと、悩みの小さに気づいたり、すぐに答えが出ないような悩みなどは、今どういう状況なのかというのが客観視できます。頭の外に出してあげると、冷静に見つめやすくなりました。
 
すぐに忘れちゃいそうな、ふとした考えも記憶できる。例えば電車の中でふと過去を思い出したり、考え事したことの内容など、一見するとどうでもいいようなこともノートに書き込みます。すると意外とあとでこれ使えるかも!?って思えることがありました。すべてとは言いませんが、一つでもあれば書いといて損はない気がします。 

自分の考えや、思い出が蓄積される。あとで読み返したとき、こんなコト考えてたなーとか、これ楽しかったなーとか、何でも書きこむと、それが鮮明に思い出しやすいです。書いてても楽しくなるし、それが今続けられている理由だと思います。・・・」

おみさんのブログはこちら
@Im0_3をフォローしよう!

*「モレスキンを使い始めたことで、生活が変わった!」という人は、その発見をぜひ投稿して下さいね!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

おみのモレスキン生活の3つのポイントを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine