アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年6月26日

2012年5月の月の作家:Alena Kudryashova

「月の作家」とは、moleskine.comのmyMoleskineオ ンラインギャラリーで一ヶ月の間に特にアクティブな活動を見せた作家に贈られる賞です。moleskine.comより3名の候補者が選ばれ、最終選考は 一般投票で決定します。2012年5月の月の作家はAlena Kudryashovaさんです。Alenaさんの作品はブックマークとモレスキンスリーブ(写真上)としてMSKテンプレートよりダウンロードすることができます。

インタビュー:


あなたについて少し教えて下さい。
私は4年ほど絵を描いています。もちろん子どもの頃は、皆さんそうだと思いますが、お絵描きをしていました。建築家になってからは大学でドローイング、ペインティングを勉強しましたが、それは何か別のことのように感じていました。私が言った4年というのは、私が意識して楽しみながらほぼ毎日絵を描いた期間です。この4年のおかげで今私はここにいます。

将来自分は何をしていると思いますか?
フリーランスのアーティストとして、初めての作品集を制作していると思います。絵は描き続けようと思います。さらに、建築分野では更に教育を受けようと考えています。

あなたにとって最初となるモレスキンノートブックのことを覚えていますか?
私の人生にいつモレスキンが登場したか、はっきりとは覚えていません。それは水彩画用ノートブックで、私はそこにイラストを描き始めました。どこに行くにも持っていましたよ!スケッチをして、完成した作品がいつもその中にありました。その紙が私にとっては最高で、絵を描き始めたばかりの私に喜びをもたらしてくれました。そういう気持ちは、ビギナー時代にはとても大切です。描き終えたモレスキンが私のポートレイトになってくれるといいなと思います。そして、これからもモレスキン以外のノートブックは使いません 🙂

月の作家の受賞のきっかけとなった投稿作品について話を聞かせて下さい
自分をとても元気づけてくれていたように思うので、私はその作品を「Motivation」と呼んでいます(写真下)。その頃は、面白かったけどとても難しく長期に渡るプロジェクトを抱えており、もう一生終わらないのではないかと思うほどだったのです。そうして描いたこの絵は、何か私を助けてくれていたのです。
では、

最後に一言お願いします
たとえあなたがビギナーであって、自分が何をしているのか分からなかったとしても、良質の道具を持つことを躊躇わないで下さい。良質の道具は、あなたのミステイクではないこと−例えば、紙質が悪いこととか−と葛藤しないですむよう助けてくれます。いつからでもあなたのアートライフは始めることができ、あなたには最高の物を持つ価値があります。ビギナーから終わりまで、その過程を楽しんで下さいね!

2012年5月の月の作家ノミネート作品はこちら
2012年4月の月の作家はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2012年5月の月の作家:Alena Kudryashovaを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 2012年5月の月の作家はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine