アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年7月4日

ろびっちの肩こり知らずの記録

ろびっちさんのモレスキンノートブックとの向き合い方は、とてもマイペースでフリースタイルです。モレスキンノートブックの膨大な白紙を前に「何か書かなきゃ!」と緊張してしまう人には、ろびっちさんの使い方に閃くものがあるかもしれませんよ!

「・・・使用目的は、TO DOを書いたり、日々あったこと、感じたことを書いたり、特に決めずにぐちゃぐちゃ書いてます。特に誰に中身を見せるというわけではないので、体裁を気にせず、フォントもまちまちで、たまに写真が入ったり、書類が貼ってあったりします。

とにかくいろいろ起こることをいちいち覚えてられない年齢に差し掛かったので、モレスキンに僕の代わりに覚えておいてもらってるって感じです。(こういうのを「外部脳」っていうんでしょうか)。最初はダイアリーとかを使ってましたが、限られたスペースに収めなきゃいけないということに我慢出来なくて、プレーンタイプのノートにして、日付を記入したあとは何ページでも記入してもいいようにしています。(最近は方眼タイプのものにしています)。だって、たいして何もないけど、なんか考えていることをいっぱい書きたいとか、わがままに使える状態にしておいたほうが、肩が凝らなくていい。

・・・iPhoneとかを使うようになって、TO DOの管理や日々の記録(ライフログ)などはアプリに任せればいいじゃんと言う風潮があります。それは間違っていないし、実際僕も使ってます。・・・でも、やっぱり記録するテンションとかがiPhoneだとうまくコントロールできない。フリック入力が面倒なせいもあって、やっぱりペンを持って書きたくなってしまいます。最近は気の向いたほうを使うようにしてます。調べたくなったら両方(iPhoneとモレスキン)を見ればいいんです。・・・」

ろびっちさんの使い方に学ぼう!こちら


*デジタルツールともアナログツールとも無理なく付き合いながら記録を楽しめるのは理想ですね!(・・・ところで、ロビンは愛くるしいですね〜)

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

ろびっちの肩こり知らずの記録を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine