アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年7月10日

Detour:Giuseppe Amatoのモレスキン

moleskine.comより。今日はDetour展のアーカイブから、イタリア人デザイナー、アーティストであるGiuseppe Amatoさんのモレスキンノートブックをご紹介したいと思います。

「このプロジェクトでは、Amatoさんは新しい建築コンセプトの移り変わりを辿っています。このジャパニーズアルバムは、彼が手掛けたNautoscopioについてのアイディアをまとめるための質素なコンテナとして用いられており、前半にはスケッチ、後半には1年にわたる作業のToDoリストなど、アートからデザインまでのプロセスが記録されています。

Amatoさんは1970年に、イタリア南部シチリア島北西部に位置するパレルモに生まれ、1993年にパヴィア大学で分子生物学の学位を取得しました。1994年に日本を訪れた際に巨匠 柳宗理に出会い、共に京都の桂離宮を訪れました。この瞬間から彼は大学での研究を捨て、自然の素材を用いた制作を始め、テクノロジーの使用を最小限に留めることに努め、年輪を重ねた貴重なオークのみを使用した木材を避けるようになりました。2004年、彼はスタジオ兼ワークショップをミラノにオープンし、歴史ある木工所から譲りうけた古い機械を保存しています。それからは、ミラノにあるブリオーニのフラッグシップストアのための内装や、個人収集家のための図書館など、インテリアデザインを始めたのです。・・・」

Giuseppe Amatoさんのウェブサイト

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Detour:Giuseppe Amatoのモレスキンを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine