アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年7月11日

あきがモレスキンを選ぶ3つの理由

世界にはたくさんのノートがありますが、あえてその中から馴染みの黒いノートブックを選ぶには様々な理由があると思います。今日は、あきさんの理由を聞かせてもらいました。

「2010年11月に最初の1冊目を買ってから、早1年半。モレスキンのプレーンノートブック(ラージサイズ)をずっと愛用しています。値段はノートにしてはかなり高めなのですが、一旦使い始めたらもう止められない使いやすさ。その理由を、自分なりに語ってみたいと思います。

(1)頑丈なカバー、だからどこでも書ける
モレスキン最大の特徴は、なんといってもこの頑丈なカバー。保存性も勿論ですが、最もありがたみを感じるのは、移動中にメモするとき。カバー自体が土台として機能してくれるので、膝に置いても、立ったままでも書くことができます。私の場合、通勤電車の中でたまたま座れた時などに、ノートとペンを取り出して、ふとした思いつきをざかざか書いています。携帯でメモするより、アイデアが浮かびやすいのです。隣の人にチラチラ見られてしまうのが難点ですが、気にしたら負け!(えええ)……もとい、覗き込まれても問題ないよう、略語を使って書くなどして、アイデアを書きとめるようにしています。

(2)罫線なし、だから自由自在
モレスキンにはもちろん罫線ありバージョンもあるのですが、プレーンは罫線も何もなし。まさに真っ白なので、文字を書こうがイラストを描こうが自由自在。カラーペンで書いても滲まないので、マインドマップにも向いています。ポケットサイズだとマインドマップには狭すぎるので、ラージサイズを使っています。

(3)大ボリューム、だから「自分史」にもぴったり
モレスキンのノートは、1冊240ページと、まるで書籍並みのページ数。しかもラージはサイズ自体が大きいので、さらにたっぷり書くことができます。そんなモレスキンに、ライフログとして日々の記録を書きとめていけば、ノートが終わる頃には、世界に1冊だけの「自分史」本ができているのです。・・・」

あきさんのブログはこちら
@akirwnをフォローしよう!

*「世界に1冊だけの自分史」・・・素敵な表現です!みなさんはモレスキンのどういうところが好きですか?ぜひモレスキナリーに投稿して下さいね!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

あきがモレスキンを選ぶ3つの理由を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine