アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年7月17日

keiのスケッチ部 国立科学博物館にて


keiさんはchaiさんと一緒にスケッチをするため国立科学博物館に出かけたのだそうです。30分+休憩5分を4セット、みっちりスケッチするのだそうです。その様子をkeiさんに聞かせてもらいました!

「スケッチ部(仮)の定例行事、スケッチの2回目です。前回と同様、ノートブッカーズ・ライターのchaiさんと一緒に。今回の場所は上野の国立科学博物館です。あまりに広大な博物館で、一日ではとても描ききれないので、今回は地球館3Fの哺乳類・鳥類を描きました。例によってその時のスケッチの一部のご紹介φ(.. )

・・・そして、大型の哺乳類を実際描いてみて気づいた事がありました。それは、『大きいものを描くと、大きくなりがち』ということ。何サイズかスケッチブック(今回は全部モレスキン)を持っていったのですが、小さい紙に描くととにかくはみ出すはみ出す(笑)全身を入れるつもりが、頭部と角しか入らないとか。書き出しはヴォランのXSサイズを使っていましたが、速攻で入らないのでカイエのポケットサイズに持ち替え。それでも紙面に収めるのが一苦労で、せっかく偶蹄類の角を注意深く描いていたのに半分くらいしか入らなかったり。最終兵器のクラシックのラージサイズでほとんどの時間スケッチしました。この記事に載せたスケッチはすべてラージサイズに描いたものです。小鳥なんかはいいのですが、バッファローははみだしまくってますね。。。 みなさんも、 大きなものをスケッチしたいときは、大きいサイズのスケッチブックを持って出かけるといいですよ〜。・・・」

全文読もう!keiさんの記事はNotebookers.jp
@kei0727をフォローしよう!
Keiさんの以前の記事はこちら

*スケッチをするためにどこかへ出かけてみる、というのはとても面白いですね。ぜひ真似してみたい企画です!chaiさんのスケッチもこちらで見せてもらうことができますよ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

keiのスケッチ部 国立科学博物館にてを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] Keiさんのエキシビションの詳細は旅屋のサイトへ Keiさんのブログはこちらへ @kei0727をフォローしよう! Keiさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine