アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年8月4日

avocado901の東北地方太平洋沖地震とモレスキンチェックリスト

東京に住むavocado901さんは、昨年の初めに仕事で使うためにラージサイズのモレスキンノートブックを購入しました。ところが、3月11日に東北地方太平洋沖地震のため、モレスキンノートブックは思わぬ用途に使われることになるのです。今日はavocado901さんのモレスキンの物語を聞かせてもらいましょう・・・

「昨年の初めにラージサイズのモレスキンを買いました。会議などに出席する際のメモ帳として使うためです。持ち主をひと味もふた味も違う人物に見せてくれるはずのその高級なノートは、”創造性あふれる私”を演出する小道具にうってつけだと思いました。そんな折りに東日本大震災が起きました。都心の古いオフィスビルは堅牢で、業務の継続に支障はなかったし、幸いなことに、社員の家族や住居にも大きな被害はありませんでした。

震災発生から数日がたち、原発事故と放射能汚染の深刻さが増してゆく中、会社は社員と家族の一時避難を決定しました。その朝、会議室に集められた私 たちは、「今日中に仕事を持って避難するように」と突然告げられました。指定された避難先は海外を含む3ヶ所。私たちの不安と動揺をよそに、航空券や宿泊 先の手配は着々と進んでいきます。私は、混乱しながらも懸命に準備を進めていました。持ち出す仕事を選り分け、避難先で業務が継続できるようにしなければならないし、置いていく仕事 にトラブルが起きないよう手を打っておく必要もあります。私はこうしたやるべき事を、手元にあったモレスキンに書いていき、一つずつこなしていきました。

こうして準備をしながらも、頭の中は個人的な事柄が駆けめぐっていました。なにしろ、いつ東京に戻れるか分からないのです。3日後かもしれないし、 3ヶ月後かもしれない。実家の老父母にどう説明するのか、飼っている犬たちは連れて行けるのか、郵便物を止めなければならない、ガスの元栓も閉めないとい けない、そういえば宅配便が届く予定だった・・・そして、国中が混乱のただ中にある今、この避難が意味することは何なのか!?そうして頭に浮かんだあれこれも、モレスキンに書いていきました。やらなければならないことは山ほどあるのに、残された時間が少なすぎるという状況 で、その殴り書きのリストは恐ろしく役に立ちました。リストは私を冷静にし、やるべき事への集中をうながし、ささやかな安心を与えてくれたのです。・・・」

続きを読もう!avocado901さんのブログはこちら
@avocado901をフォローしよう!

*avocado901さんのノートブックの記録とともに、私も大震災のことを今一度心に留めたいと思いました・・・avocado901さん、共有して下さってありがとうございます!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

avocado901の東北地方太平洋沖地震とモレスキンチェックリストを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] ひとつは、あのモレスキナリーにこの記事を紹介していただけたこと。光栄です。驚きました。私の経験と思いを多くの方に知っていただけたことが嬉しくてなりません。さらにその後 […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine