アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年8月10日

モレスキナリーメールアドレスへのクラッキング問題について報告

8月6日に発生しましたモレスキナリーメールアドレスへのクラッキングについて報告致します。

今回のクラッキングにより、モレスキナリーから全コンタクトへ詐欺メールが送信されました。(詐欺メールの詳細は以前の記事をご覧下さい。)モレスキナリーはメールの一斉送信により、スパムアカウントと認識され強制的に削除されたもようです。この詐欺メールはmoleskinerie.jp@gmail.comより不正に送信されたものですが、[Gmail設定]にある[メール転送とPOP/IMAP]の設定が変更されており、返信されたメールは全てmoleskirnerie.jp@gmail.comという、字面がそっくりですがrが付け足された全く別のメールへ転送されるようになっていました。

これにより、詐欺メールへ返信された方のメールは転送され、その後、Western Union money transferを使ってAddress: Bonifacio Drive Manila 0913, Philippinesへ送金するよう指示が届くという犯罪手口です。一方、今回のメールによるウィルス感染は検出されませんでした。

モレスキナリーより詐欺メールを受け取られた皆様には、以下を実行して頂くことでより安全を守ることができます。

  1. 詐欺メールへの返信はせず、すぐに削除する
  2. 詐欺メールへ返信された方は、送金要求を無視する
  3. ウィルス感染は検出されませんでしたが、念のためウィルススキャンを実行する。利用できるウィルス対策ソフトウェア一覧はこちら
  4. Gmailをご利用の方はパスワードを変更する

尚、moleskinerie.jp@gmail.comは無事復元され、これまで通り連絡を取って頂ける状態となりました。安全対策に一層努めて参りますので、今後ともモレスキナリーをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

管理人・YOKO

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

モレスキナリーメールアドレスへのクラッキング問題について報告を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine