アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年12月24日

slowkunoの仕事道具

今年ももうすぐ仕事納めです。今年1年お世話になった仕事道具たちに感謝しながら、綺麗に磨きあげる時間を取るのもいいかもしれません。上の写真にあるのは、編集の仕事をするslowkunoさんの取材道具です。

「マンハッタン島の東西南北、隅々まで7日間、イーストリーヴァーを越えてブルックリン地区を1日半、トータルで100km以上歩きまわって取材してきました。お仕事(旅行ガイド制作)用の風景写真をデジカメで押さえつつ、街で出会った人と、心惹かれる物をフィルムカメラでスナップしたのですが、その写真は後日、アップしますね。上は、今回の取材で毎日、身に着けて持ち歩いて役立った物。

一昔前のMADE IN USAの原点に立ち戻りつつ、ブルックリン地区を中心に、シンプルでスタンダードな物づくりに回帰したり、セレクトして売るという大きな流れがあるニューヨークにおいてセンスのよい店の方々に「これいいねぇ」と褒められたものばかり。けっこう嬉しかったです。・・・

●「MOLESKINE」の紅の豚仕様・・・「三鷹の森ジブリ美術館」で限定販売されている手帖。(今も販売中かどうかは不明)ここによく遊びに行く親戚に買ってきてもらった。この鮮烈な赤が孤独なひとり旅に勇気を与えてくれる。僕の手の大きさでは、目下のところ、モレスキンが歩きながらのメモ書きには、いちばん具合がよい感じ。絶妙なサイズはもちろん、紙質やハードカバーの硬さ加減が僕にとっては理想的。いろいろ使って、結局モレスキンに戻ってしまう。

●ペリカンのマルチペン・・・油性の黒と赤のボールペン芯がかっちりとしたクリック感で繰り出される。廃盤になったモデルだけど、替え芯は購入可。さまざまなマルチペンのなかで、自分には最良と思える1本。重さとペンの太さがお気に入り。毎回、取材用ペンは気分に合わせて違うのを持って行くけれど、今回の旅の相棒はこれでした。・・・」

slowkunoさんのブログはこちら

*鮮烈な赤いモレスキン、これは元気をもらいますね!・・・こだわりの仕事道具たち、来年もよろしく!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

slowkunoの仕事道具を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine