アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2012年12月25日

12月25日:柳 宗理 先生を偲んで

2011年12月25日、デザインの巨匠である柳 宗理先生が96歳で永眠されました。写真にある小さなパンフレットは献花に訪れた人々に贈られたもので、そこには柳先生の言葉が記録されていました。一周忌にあたる今日、モレスキナリーでは柳先生をお偲びして、そのパンフレットに記録されていた柳先生の哲学をみなさんと共有したいと思います。

 

柳 宗理 『デザイン考』より

デザインの創造とは、表面上のアピアランスの変化ではない。創意工夫をもって内部機構を改革することである。

本当の美は生まれるもので、つくり出すものではない。

デザインの構想は、デザインする行為によって触発される。

デザインは一人でするものではない。

企業者は何よりもプロダクトマンシップを持っている人でなければならない。

良いデザインは優れたデザイナーのみでは生まれ得ない。

よく売れるものは良いデザインであるとは必ずしも言えない。また、良いデザインは必ずしも良く売れるとは限らない。
本当のデザインは流行と戦うところにある。

伝統は創造のためにある。伝統と創造を持たないデザインはあり得ない。

デザインは社会問題である。

 

出典
『デザイン 柳宗理の作品と考え』(1983年 用美社)
『柳宗理 デザイン』(1998年 河出書房新社)
『柳宗理 エッセイ』(2003 年 平凡社)

財団法人 柳工業デザイン研究会のサイトはこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

12月25日:柳 宗理 先生を偲んでを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine