アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年1月24日

うらしんの宗像大社を調べてみる

今年のお正月、みなさんはどこの神社へお参りに出かけましたか?近所の小さなお社で手を合わせた人、大きな神社に家族や友達とくり出した人、三社参り出かけた人など様々だと思います。うらしんさんは今年、福岡県にある宗像大社でお参りをしたそうですが、色々気になることがありモレスキンノートブックで勉強したのだそうです・・・

「お参りしたのは、福岡県の宗像大社です。世界遺産登録を目指すと書いてあり、気になり調べてみました。 とても格式高い神社だと分かりました^_^

宗像大社の由緒。皇室の祖先である「天照大神」の三柱の姫神様をお祭りしている。最も尊い神様で伊勢の神宮に対して宗像大社を「裏伊勢」とも言う。お祀りしている神様。沖津宮(田心姫神)、中津宮(湍津姫神)、辺津宮(市杵島姫神)の3つを総称して宗像大社と呼ぶ。日本書紀によると宗像三女神が中国大陸や朝鮮半島に最も近く外国との交易に重要な位置にある「宗像」の地に降臨された。沖津宮がお祀りされている沖ノ島は九州と朝鮮半島を結ぶ玄界灘のほぼ中央に位置する。たくさんの貴重な神宝が発見され「海の正倉院」と言われる。→ここから世界遺産を目指そうという機運になっているそうです。」

うらしんさんのInstagram
@newuraをフォローしよう!


宗像大社サイトより)

*なるほど、宗像大社は朝鮮半島に向かう「道」をお護り頂いている神様だったのですね!私たちの今年一年をお護り頂く神様について学んでみると、その街のことをより深く知ることができそうです!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

うらしんの宗像大社を調べてみるを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine