アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年1月25日

つなぶちようじのモレスキンを使い続けて・・・

ライターのつなぶちようじさんはモレスキンノートブックを数年愛用しています。今改めて「手書きは大切だ」と感じるつなぶちさんの考えを今日は聞かせてもらいました。

「・・・一冊の手帳にはたいした情報量が入らないが、ポイントだけをそこに入れておくことで、その背景になるたくさんのことはたいてい思い出せる。思い出せなければ調べればいい。以前はテーマごとにノートを変えていたが、それは非効率である。あるテーマが持続するものかどうか、時間が経ってみないとわからないからだ。もしテーマ別のノートを使っていると、たいていの場合、途中で終わってしまうノートが山のようにでき、それではもったいないので別のテーマを終わったテーマのあとに書いたりして、なかなかうまく収拾がつかない。ところが、手帳一冊に全部まとめると腹を括ると、時系列にいろんなことが手帳の中に書き込まれることになる。何かを思いだしたいときは、それをいつ頃していたかを思い出せばいい。するとたいてい検索できる。

・・・

でも、こう考えながら、確かに手帳だけでは足りないこともたまにあるなと思い出す。そういうとき便利なのは、僕の場合、こうして書いているBlog だったりする。思いついたアイデアをあとで使いたいとき、このBlogを検索したり、読み返したりする。それから日記。これはPCのなかにある。検索しやすいからだ。キーワードをいれればすぐに見つかる。

蔵書もネット上に置くことができ、本と同じように自由に書き込みができるとありがたい。すると家の中がきっとすっきりするし、外に仕事を持ち出すこ とも簡単になる。でも、モレスキンをPC内に作りたいとは思わない。手で書くと、やっぱりいいのだ。考えることも変わってくると思う。アイデアを作るときはキーボードより圧倒的に手書きのほうがスラスラと出てくる。これってなぜなのだろう?」

全文を読もう!つなぶちさんのブログ

*手で書くこととキーボードをうつこと。行動が根本的に違うので、私たちの思考の仕方そのものが変わってくるのは当然のことなのかもしれませんが、それでもやっぱり不思議な体験ですね。手書きとキーボード、みなさんはどのように使い分けていますか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

つなぶちようじのモレスキンを使い続けて・・・を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] トの主宰者YOKOさんからメールが来て、 僕のBlogの記事をそこに載せたいという。 うれしかった。 今日、それが掲載された。 ムフフー。(*^_^*) http://moleskinerie.jp/2013/01/130125.html Comment Feed […]

[…] 帳を使い続けること』がモレスキンのファンサイト、モレスキナリーに掲載されました。こちらです。とてもうれしかったので思わず『日刊 気持ちいいもの』にも書いてしまいました。 […]

[…] つなぶちさんのブログはこちらへ つなぶちさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine