アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年3月2日

2012年の物語:松田正太郎の心に残るスピーチ


松田正太郎さんは、毎年10月5日に必ずすることを決めました。それは、今は亡きカリスマ、スティーブ・ジョブズ氏を偲んで行われる静かな儀式です・・・

「2011年10月5日、Appleのスティーブ・ジョブズが亡くなりました。その知らせを聞いた夜、Moleskineにこんな言葉を書き残しました。” 大きな喪失感 ”。そして今、毎年、ジョブズの命日10月5日に、私はMoleskineにある文章を書き写すことにしました。ジョブズが生前、2005年にスタンフォード大の卒業講演で行ったスピーチです。いつまでも忘れずに心にとめておきたい言葉があります。同じ言葉を毎年読み返して、自分の手で書くことで、新しい何かが自分の中に生まれることを願って。

” Stay Hungry, Stay Foolish. “」

松田さんのブログはこちら
@Shokun1108をフォローしよう!

*世界には数々の有名なスピーチが残されていますが、松田さんのように、手で書いて体感したいと思うようなスピーチを皆さんは聞いたことがありますか?皆さんの心に残るスピーチもぜひ教えて下さい。

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2012年の物語:松田正太郎の心に残るスピーチを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 松田さんのブログはこちらへ @Shokun1108をフォローしよう! 松田さんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine