アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年3月10日

Simen Christiansenの転写技を使ってフレキシブルなノートブックを実現!

ノルウェーのオスロで建築科の学生をしているSimen Christiansenさんが、インクジェットプリンタで印刷したものをモレスキンノートブックのページに転写するす方法を教えてくれました。ページに直接転写すれば、モレスキンの書き味を損ねることなく、自由なページレイアウトを堪能することができるのです!

「私は、スケッチブックやノートブックとして、またカレンダーとして、プレーンのリポーターノートブックを使っています。月間スケジュールをモレスキンに合うように調整すれば、このように完璧にフレキシブルに使えるんですよ。・・・レーザープリンター用紙を使います。左右反転させてプリントアウトし、印刷面をノートブックのページの上に置きます。裏側からアセトンを染み込ませ、そっと紙を剥がして下さい。くっついてしまっていたら、もう一度しっかりプレスして下さい。」

アセトンはマニキュアの除光液にも使われているので代用することができるようです。コメント欄を見ていると失敗談なども書かれているようですが、「一度転写のコツが分かればもう止められない」とのこと!

Simen ChristiansenさんのmyMoleskineはこちら

*これは画期的なカスタマイズです。消しゴムハンコを手作りする人たちの間ではポピュラーな裏技のようですが、モレスキンノートブックに応用するところがかっこいい!ぜひ実験してみましょう!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Simen Christiansenの転写技を使ってフレキシブルなノートブックを実現!を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 3月10日:Simen Christiansenの転写技を使ってフレキシブルなノートブックを実現! その手があった!反転印刷したものにアセトンを染み込ませて、モレスキンのページに直接転写するという […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine