アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年4月8日

walter_langleyのモレスキンにぴったりの修正液を探せ!

モレスキンノートブックの愛すべき特徴の1つとして、クリーム色の紙をあげることができます。あのクリーム色の上に書くと、文字もイラストもとても素敵に見えてくるから不思議です。しかし、クリーム色であるが故に、一般的な修正液が使えないということも・・・。そんな残念な気分を味わっているみなさんに、walter_langleyさんの実験結果をお知らせしたいと思います!

「さて、MOLESKINEのポケットサイズを使うようになって随分経ちますが、未だに悩んでいることがあります。それは、「書き損じや、訂正する必要があった時どうするか?」です。鉛筆や、フリクションなどを使っているならば消すこともできますが、私が現在愛用しているのは「PILOT HI-TEC-C coleto 0.3mm」ですので、消せません。予定等の変更は取り消し線で変更先に転記、でも良いと思いますし、実際そうしています。でもライフログ的に書いているMOLESKINEではそうも行きません。字の間違いや、半分ウトウトしながら書いた字等は、誰に見せる訳でもないのに悔しかったり、恥ずかしかったりします。それはそれで、ログになりますが書き続けるモチベーションが下がっても困るので、私は修正液で消すことを選択しました。

ところが、MOLESKINEの紙は白ではないので普通の修正液だと逆に修正したところが目立ってしまいます。そこで以下の5種類の修正ペンを用意し、テストをやってみました。・・・テストの方法は、MOLESKINEのページに使用中のHI-TEC-C coletoで1~5ミリの円を書いて塗りつぶし、1ミリの円は1回、2ミリの円は2回、3ミリは3回それぞれ塗って修正します。4ミリの円は半分を3回塗り、5ミリの円はラインで3回塗りで修正します。・・・」

実験結果を教えてもらおう!walter_langleyさんのブログ
@Walter_Langleyをフォローしよう!
walter_langleyさんの以前の記事はこちら

*茶封筒用の修正液まで存在するとは知りませんでした、たいへん勉強になりますね!以前、Anneさんもモレスキンに合う修正ペンを教えてくれましたんで、こちらの記事も合わせてどうぞ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

walter_langleyのモレスキンにぴったりの修正液を探せ!を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine