アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年4月24日

Giada Ripaのフォトブック「Displacement」

今日は、モレスキンノートブックに印刷されたフォトブック『Displacement』を紹介したいと思います。

「Displacement(転置)」には、強制移住、フロイト心理学の主要な概念など、様々な意味があります。Giada Ripaさんの写真作品の中でもその意味は追求されており、今回は、中国、ジョージア、カザフスタン、タジキスタンに存在する場所や人々がカメラで切りとられ、ハードカバーのモレスキンノートブックに印刷されました。

荒野の景色、郊外に広けた土地、都市の破壊。疲れ果てた表情、カメラに真っすぐ向かう瞳、生き生きとした姿。カシュガルのサンデー家畜マーケットへ羊を連れて行く女性、アルマトゥイで開かれた結婚式、中国の国境に向かってバイクを走らせるキルギス人。その表情や立ち姿は、協調性と排他性、不安感と安心感、損得の感情をすぐに伝えます。Giadaさんは、こういったシーンをまとめることで、土地とその土地に暮らす人々の関係を明らかにし、転置させられた人々や場所のアイデンティティを再建し、さらには、Giadaさん自身の存在を構築しようとしているのです。

このモレスキンノートブックのページには、さびれた通りや山々の連なり、ウイグルの男性やカザフの女性など、彼らのーそして写真家Giada本人のー経験がアーカイブとして記録されています。本来アイデンティティとは束の間のはかないものでありますが、このノートブックにはその現在の姿が保存されています。」

moleskine.comより

*モレスキンノートブックに印刷されたこのフォトブックは、ヨーロッパとアメリカのMoleskine Storeのみの取り扱いです。・・・ゴールデンウィークに、みなさんはどこの土地へ出かけ、どんな人々に出会うでしょうか?帰ってきたらぜひ聞かせて下さいね。

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Giada Ripaのフォトブック「Displacement」を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine