アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年7月21日

minny67のスケッチ:夕方の光をどうとらえる?

「この灯りは、水と緑の富岩運河環水公園の中と周辺一帯に設置されています。・・・僕は夜景も好きですが、夕暮れに映える、照明の輝きにも惹かれます。」

モレスキンスケッチブックに絵を描く人たちは、朝日と夕日の色合いをどのように区別しているでしょう?光の質も異なるでしょうし、それを見る私たちの印象も違う・・・。モレスキンに日常を描きつづけるminny67さんの場合は、感じた色をそのままページに表現する印象派のスタイルです!

「・・・実は夕暮れ時のスケッチは初めてのこと。微妙な時間帯、輝きをどう描くか、少し迷いがありました。でも自分のモレスキンスケッチは感覚の結晶。自分が反応した感覚にフォーカスして描くことに尽きます。やはりモレスキンは 、「いかに」ではなく、「感ずるがまま」「どのようにでも」描くほうがいいですね。きっとその時が、一番自分らしく表現できているはずですから。」

minny67さんのブログはこちら
@minny67をフォローしよう!
minny67さんの以前の記事はこちら

*写実的な色、印象的な色・・・スケッチを描いてみると、自分が世界をどのように色覚しているか感じられてたいへん面白いですね!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

minny67のスケッチ:夕方の光をどうとらえる?を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] minny67さんのブログへ minny67さんのスケッチはFlickrへ @minny67をフォローしよう! minny67さんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine