アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年7月25日

モレスキンの書籍:Inspiration and Process in Architectureの新しい4冊が日本にも登場!

『Inspiration and Process in Architecture ―建築におけるインスピレーションと過程』は、国際的に活躍する建築家のデザイン過程を考察するアカデミックな書籍です。これまで、8人の建築家の本が発表され、日本では、Zaha hadid(ザハ・ハディド)、Bolles+Wilson(ボールス&ウィルソン)、Giancarlo De Carlo(ジャンカルロ・デ・カルロ)、Alberto Kalach(アルベルト・カラッチ)の4冊のみが取り扱われていましたが、本日より、新しい4冊も日本で取り扱いが始まるそうです!

  • Studio Mumbai (スタジオムンバイ)
  • Dominique Perrault (ドミニク・ペロー)
  • Wiel Arets (ヴィール・アレッツ)
  • Cino Zucchi (チノ・ズッキ)

 height= height=

本文は英語ですが、建築家の手書きのメモやドローイング、イメージ画像を多く含んでおり、彼らのクリエイティブプロセスに触れることのできる書籍になっているようです。そして、製本にも様々なこだわりがあります:

「製本には、このシリーズで初めてクロス地を活用。これは、18世紀末にタイポグラファーのGiambattista Bondoni(ジャンバッティスタ ・ボドニ)が初めて採用したクラシカルな製本方法よりインスピレーションを受けたもの。ゴムバンドや丸みを帯びた角、裏表紙内側の拡張ポケットなど、Moleskineのビジュアル・アイデンティティはそのままに、背表紙はクロス地で包まれ ており、表紙はグレーのカードボード仕上げ。 さらに、あたたかみのあるマットペーパーに印刷された高品質のイメージ画像をより良い形で楽しむことができるよう、書籍中央部はほぼ180度フラットに開 けるようにデザインされています。」

モレスキンの書籍シリーズの詳細はmoleskine.co.jp
関連記事はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

モレスキンの書籍:Inspiration and Process in Architectureの新しい4冊が日本にも登場!を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] Moleskineが制作している書籍「Inspiration and Process in Architecture」のシリーズにZaha Hadid(ザハ・ハディド)さんを特集した1冊があります。ザハ・ハディドさんは、イラク出身イギリス在住の […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine