アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年8月5日

しろの質問:「創造的作業」が行える作業スペースとは!?

「先日、机の上を何気なく写真を撮ったら汚い。ひたすら汚い。こんな場所では創造的作業が出来ないじゃないか!(言い訳) といわけで、最近モノを書くという場所について色々と考えております。・・・」

モレスキナリーではこれまで、みなさんがモレスキンを「いつ」「どこで」「どのように」使っているのか、多くのアイディアが共有されてきました。今日紹介するしろさんの問題提議は「どこで」に関係しています。よりモレスキンにペンが進む環境とは、いったいどういう場所でしょうか?ぜひみなさんの意見を聞かせて下さい!

「私の周りの環境で仕事机ほどごちゃごちゃしていてモノが乱雑になる場所を他に私は知りません(断言)。よく海外の有名企業の社内風景の記事がありますが、場所も机も狭い日本の中小企業ではそんな場所はありません。(いや、有るところはあるんだろうけどさ・・・)ですので色々と工夫をして作業スペースを確保しております(写真上)。

・・・ようやく、手前にMoleskineを置くことが出来るようになりました。ノートブックには、気づいたこと電話の内容、プログラム設計をする際のイメージ図等々をもりもり書いていくのですが周りがごちゃついているせいで(私の体が丸いせいで?)腕に物体が当たってしまい気持ちよく作業が出来ません。そんな時は、自席の後ろにある談話スペースの広い机に向かってひたすらペンを取っております。プログラマ・エンジニアなのにキーボードを叩く時間というのは思ったよりも少ないものです。(サボっているわけではないのですよ社長)

みなさんは、職場・学校・自宅のどのようなスペースでノートブックと対話しているのでしょうか?」

しろさんの記事はNotebookers.jp
@fair_sgをフォローしよう!

*私の場合ですが、やはり大きなテーブルはマストですね。大きなテーブルを求めて、図書館、(長居させてもらえる静かな)カフェ、パブリックスペースをいつも歩き回っています。自分のデスクはもはや物置スペースです・・・みなさんの場合はどうですか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

しろの質問:「創造的作業」が行える作業スペースとは!?を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 8月5日:しろの質問「創造的作業」が行えるスペースとは!? […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine