アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年8月9日

「タイポロジー」をテーマとするイベント『Typographic Passport 2013』

モレスキナリーの中心テーマのひとつである「文字」「タイポロジー」。今月8月12日(月)から20日(火)まで、まさに「タイポロジー」をテーマとするクリエイティブイベントが東京・代官山の蔦屋書店で開催されるので紹介したいと思います。以下、サイトFashion Pressより引用です。

「「タイポグラフィック パスポート」は元々「グラフィック パスポート(GRAPHIC PASSPORT)」として、世界30カ国に流通しているクリエティヴ・カルチャー誌「+81」が、2009年から世界の様々なジャンルのトップ・クリエ イターを招き、多彩なプログラムを展開していたイベントだ。東京のほか、アメリカのスミソニアン美術館、フランスの国立ポンピドゥーセンターを経て、昨年 はブラジルとインドでも開催され、日本発のグローバル・イベントとして期待が高まっている。

開催5年目となる2013年は、代官山蔦屋書店とコラボレーション。活字離れが進むとされる昨今において改めて「文字」に着目し、「タイポグラフィック パスポート」と名称を変え、表現の可能性と、デザインとの関係性を様々なクリエイターの作品を通して考える。

開催されるコンテンツは、タイポグラフィーにまつわる様々な作品の展示を始め、一般参加型の活字ワークショップ、音楽、文字、デザインなどにおけるそれぞれの関係性を探るトークセッション、様々なタイポグラフィー・グッズや書籍の展示販売など。中でも注目すべきは、オランダから初来日を果たすアーティスト、ジョブ・ウーターズ(Job Wouters)による公開制作だ。デジタル世代でありながら「手作業こそが自分にとって自由で論理的な手法」という結論に辿り着いたジョブは、昨年ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)のショーでもペイントを手掛けるなど、その色彩豊かで装飾的なタイポグラフィが話題を呼んでいる。・・・」

Fashion Pressより
Typographic Passport 2013の公式サイト
Graphic Passportの関連記事はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

「タイポロジー」をテーマとするイベント『Typographic Passport 2013』を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] via Pocket http://moleskinerie.jp/2013/08/130809.html Share this:TwitterFacebookGoogle +1Like this:Like Loading… This entry was posted in Uncategorized and tagged feedly, IFTTT, Pocket, saved for later. Bookmark the permalink. […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine