アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年10月9日

今週末より六本木で『スヌーピー展』開催

近年、Moleskineはピーナッツとコラボレーションを行い、スヌーピーやチャーリーブラウンが登場する特別なノートブックやダイアリーを制作してきました。今日紹介するエキシビションは、ピーナッツ版モレスキンを愛用している人にぜひお薦めしたいと思います!

「「ピーナッツ」は、チャールズ・M・シュルツ氏が1950 年から2000 年まで描いた新聞連載漫画で、描かれたエピソードは実に17,897回を数えます。当初は7紙への掲載から始まりましたが、シュルツ氏が引退宣言をした1999 年には、その掲載数は75 カ国で2,600 紙にものぼりました。1960年代以降はTVアニメや映画も作られ、アメリカでは毎年、ハロウィンやクリスマスの風物詩としてアニメが放映されています。演劇、音楽、ファッ ションなどのカルチャーシーンにも多くの影響を与え、20世紀のアメリカ文化を代表する作品として、広く知られています。日本では、詩人の谷川俊太郎氏が 翻訳を手がけたことでも有名です。

「スヌーピー展」に展示される作品は、そのほとんどがシュルツ美術館の所蔵品です。  美術館はシュルツ氏が40年にわたって「故郷」と呼んだ街、カリフォルニアのサンタローザにあります。作品を制作していたスタジオや、彼が街の人のため に建てたレッドウッド・エンパイア・アイスアリーナなどと同じ敷地内にあり、これまでに約3,000点の「ピーナッツ」原画を展示し、世界中から60万人 を超える人が訪れています。」(展覧会サイトより一部引用)

日程:2013年10月12日(土)- 2014年1月5日(日)
時間:10:00〜20:00
場所:森アーツセンタ―ギャラリー(東京・六本木ヒルズ)

エキシビションの詳細は公式サイト

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

今週末より六本木で『スヌーピー展』開催を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 先日紹介した『スヌーピー展』、ついに10月12日より始まりました。あくびさんは早速、スヌーピー展に行ってきました。スヌーピーファン、そして、モレスキンファンにはたまらない展 […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine