アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2013年10月27日

モレスキナリー8の質問:花散日菜のXSサイズダイアリー

モレスキナリー8の質問に花散日菜さんが回答してくれました。花散日菜さんはXSサイズの2012年デイリーダイアリーを使うのを途中でやめてしまったそうですが、最近、新しい使い方で再開したのだそうです。小さなダイアリーにいったいどういうことが書かれているのでしょうか?教えてもらいました。

1. あなたの名前は何ですか?
ハンドルネームで「花散 日菜(はなちる ひな)」です

2. あなたの職業は何ですか?
学生です

3. あなたが使っているモレスキンの種類は何ですか?  
2012年 デイリーダイアリー / ハードカバー / XS ターコイズブルー

4. なぜそのモレスキンを気に入っていますか?
サイズと色です

5. そのモレスキンはどのように使っていますか?
モレ本2イベント@しゃぶ庵で、使っていらっしゃる方が居て、イイナーと思って購入しましたが、2012年には使いこなせず、最近別な目的で使っています。ベッドサイドに置いて、気に入った言葉を記しています。

  • カラオケ練習用の歌詞カード(恋するフォーチュンクッキー)
  • 好きな曲の一節(奥田民生「手引きのようなもの」)
  • 好きな詩の一節(茨木のり子「よりかからず」「友人」「わたしが一番きれいだったころ」「自分の感受性くらい」)
  • 好きな本や漫画の一節(サガン「すばらしい雲」※映画ジョゼと虎と魚たち に出てきたので、スラムダンク、クンデラ「存在の耐えられない軽さ」、大石静「四つの嘘」)


6. 特にお気に入りのページはありますか?それがどういうページで、どうしてお気に入りなのか教えて下さい。
スラムダンク27巻よりの引用
「勝ちを掴む機会と見たら全力を注ぎこんでそこで決めちまう。見逃して次を待つなんてのは 二流のやることよ」
という一節を記したページ

前職で、チームで営業成績を上げなければならないとき、スタンドプレーでなくチームで達成するという難しい挑戦の責任者をやっていました。そのとき、まず責任者の自分が成績を上げなければ示しがつかないというプレッシャーから、一生懸命がんばっていたときに参考にした言葉です。スラムダンクの漫画の方にも、マーカーしてあります。

そのとき、社内で成績が良い先輩と後輩が協力してくれて、後輩が「3人で成績の競争しましょう、そして最下位が焼き肉を奢るっていうのどうですか」と言ってきて、それがキッカケで盛り上がれば良いと思い、競争していました。結果的には、先輩と後輩がワンツーで私が3位だったので、結局、私が焼き肉を奢るハメになりましたが… (/_;)…男子2人なのでものすごく食べるのでお財布がくるしかったけど、社内では上位の方だったし、やりきった感があって、今ではとても良い思い出です。

7. これから、モレスキンのその白紙のページに何を書いていきたいですか?
いつか、パブーという電子書籍サイトで、小説を公開したいと考えており、そのネタ集めのため、今後も美しい言葉たちを書き留めて蒐集していきたいと考えております。小説のタイトルは「メトロノームの光子たち」を考えています。

8. 今、あなたが世界に伝えたいことを聞かせて下さい。

世界は美しいもので満ちています。

*小さなノートブックの中には、様々なジャンルより集められた美しい言葉が詰まっているんですね!花散日菜さんの小説を楽しみにしています!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

モレスキナリー8の質問:花散日菜のXSサイズダイアリーを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] via Pocket http://moleskinerie.jp/2013/10/131027.html Share this:TwitterFacebookGoogleLike this:Like Loading… This entry was posted in Uncategorized and tagged feedly, IFTTT, Pocket, recently read, saved for later. Bookmark the permalink. […]

[…] 花散日菜さんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine