アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年3月28日

エルミタージュ美術館のためのノートブックの傑作たち

サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館「エルミタージュ美術館」は1990年に世界遺産に登録され、2014年の今年、創立250周年を迎えました。これを記念して、Moleskineのカスタムエディションチームは4冊のスペシャルエディションを制作しました。

「Moleskineは世界中にある素晴らしい美術館のために数々のリミテッドエディションノートブックを制作してきました。今回は、エルミタージュ美術館の250周年を祝して新たな一冊がコレクションに加わります。このコレクションには他にも、ポンピドゥーセンター、ナショナルギャラリー、MoMA、SF MoMA、ブリティッシュ・ミュージアム、パラッツォ・ストロッツィ、グッゲンハイム・ヴェネチア、東京森美術館、MACBA、サントリー美術館、ミュゼ・ロダン、パラッツォ・グラッシなどがあります。

エルミタージュ美術館のためのスペシャルエディションには、王室の風格漂う黒、白、紫の3色が用意されています。ノートブックの額縁にあたる帯には、エルミタージュ美術館で所蔵されている絵画300万点の中から選ばれた、ラファエロ、レンブラント、ゴッホの傑作が印刷されています。4つ目の作品には、コンスタンティン・ウフトムスキーが手がけたエルミタージュ美術館の建築写真が選ばれました。」

「エルミタージュ美術館は、時のロシア皇帝であり美術コレクターでもあったエカチェリーナ2世により18世紀に設立されました。世界最古、最大級の油絵、フレスコ、エッチング、彫刻、彫金、水彩画のコレクションを所蔵。イタリアルネッサンス期のコレクションには、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ジョルジョーネ、ティツィアーノ、ミケランジェロなど多くの傑作が見られます。」

Moleskine.comより

*エルミタージュ美術館のミュージアムショップでのみ販売です。これは素敵なお土産になりそうです!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

エルミタージュ美術館のためのノートブックの傑作たちを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine