アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年4月7日

2013年の物語賞:モレスキンを持て余している時期にmikkoが記録したこと

モレスキナリー5周年を記念して、モレスキナリーではみなさんに過去5年分のモレスキンを振り返ってみて、特に印象に残った物語をモレスキナリーで共有してくれるよう募集しました。今日は2013年の物語賞を受賞した3作品のうち、3つ目の物語を紹介したいと思います。

3つ目の「2013年の物語賞」は、モレスキンにライフログを書き続けているmikkoさんに贈られます。今回、mikkoさんは自分がまだモレスキンに馴染めていない頃のページを紹介してくれました。

「絵はうまくないのですが、ものすごく時間をかけてモノを観察すればようやく描くことができます。この頃モレスキンが好きだけど、持て余している時期でしたので「一日一絵」を描くことを決まりとしてラクガキをはじめました。庭に咲いていた椿。飼ってたうさぎ。身の回りのもの。その時の心情…はとても暗く落ちていってますね。続いたのは、ほんの2週間ほどにはなってしまったけど、懐かしくページをめくりました。」

@mokiki_3をフォローしよう!
mikkoさんの以前の記事はこちら

今ではページにぎっしりとライフログをつけるmikkoさんですが、モレスキンを持て余している時期もあったんですね。それでもページには当時のmikkoさんの心の欠片のようなものが確かに刻まれていて、かけがえのない記録となっています。私たちも心の欠片を少しずつ、モレスキンに残していけるといいですね!・・・mikkoさん、物語賞の受賞おめでとうございます!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2013年の物語賞:モレスキンを持て余している時期にmikkoが記録したことを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] mikikoさんのvineはこちらへ @mokiki_3をフォローしよう! mikikoさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine