アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年4月12日

タムカイが教える、お絵描きしている子供に安易に使ってはいけない「2つの言葉」

自分は絵を描くことが大の苦手だけれど、自分の子供には絵を描くことが好きになってほしい・・・そう切に願うお母さん、お父さんに、今日はぜひ読んでほしいと思います。大人が考え無しに使っている言葉が、子供のお絵描きを楽しくないものにしているかもしれません・・・

「先日のことになりますが、お絵描き好きなお子さんをお持ちのお父さんお母さんのためのラクガキ講座「ハッピーラクガキライフ for ファミリー」というものを小さく開催してみました。こちらを開催した理由は、友人や過去のイベントの参加者のお話を伺う中で

  • 親が絵に苦手意識があると、子供のお絵描きにどう接していいか分からないらしい
  • 過去参加者が家で絵を描いていると、子供が寄ってきて一緒にお絵描きをはじめた

ということが分かったので、いつものファーストステップ講座の内容で親の苦手意識を取り去りつつ、子供とどうやって遊ぶといいかのヒントをお伝えしたり、親同士が交流する会になればいいな、と思ったからです。

この時いくつかお話をしたのですが、ひとつが子供とお絵描きする時にできれば使うべきではない言葉のお話でした。実は私の両親が美術方面の人間なので、これらのことって言われてみると自分が子供の頃から言われていた、逆にあまり言われなかったことなんですよね。で、実際子供が生まれてから児童教育についての本などを読んでみると、まさにその通りのことが書いてあってなるほどなぁ、と思った次第。おそらく自分の両親はこの分野に関してはそんな本は読んでないんじゃないかなー、という気が(笑)というわけでその2つの言葉がどんなものかと言うと

  • 自由に描いていいよ
  • 上手だね!

というものです。そう、かなり当たり前に使うような言葉なんです。」

「まれに「子供には自由な発想力・想像力がある」と誤解している方がいるのですが、それは違います。確かに子供は自由に発想しているように感じますが、逆を返せば大人が持っている常識をまだ身に付けていないため、そこから外れたものを大人が「自由」と捉えているだけなのです。そのため子供の中ではそれなりに秩序だっていたりするわけで。なので「自由に」と言われても困ってしまうわけですね。だって大人もなんであれ「自由にやっていいよ」って言われたら困るでしょう?それと同じことです。・・・」

では何て言えばいい?対策を学ぼう!タムカイさんのブログ
@tamkaiをフォローしよう!
タムカイさんの以前の記事はこちら

*自分が苦手だったり巧くできないことを子供に伝えていくのはなかなか難しいですが、タムカイさんのアドバイスにもあるように、言葉を丁寧に選んで、一緒に楽しむことが大切なようですね。対策なども書かれているので、タムカイさんのブログをぜひ全文読んでほしいと思います!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

タムカイが教える、お絵描きしている子供に安易に使ってはいけない「2つの言葉」を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine