アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年5月8日

minnyのスケッチより:ヴィンテージのブリキ缶に育つ植物

minny67

日常的なスケッチのモチーフにはどんなものが合うでしょうか?あなたがアーバンスケッチャーなら街の風景そのものがモチーフになるでしょう。また、Keiさんのように猫をモチーフに描き続けるのも面白いですね。今日紹介するminnyさんの場合は、日常で発見した素敵なモノを数多くスケッチにしています。さて、今回はどんなモノを発見したのでしょうか?

「今回は「技ありディスプレイ」を見つけたのでスケッチしました。元々はコーヒー豆を挽いた粉を入れていたブリキ缶と、観葉植物の組み合わせです。このブリキ缶は1950年代のもので、ケーキの4号サイズ(直径約12cm)ほどの大きさがあります。入っていた観葉植物はセダムと高砂の翁。大きさもピッタリで、妙に洒落た雰囲気を漂わせていました。

アイデアは既存の要素の組み合わせと言いますが、このディスプレは上手い例だと思います。60年前のブリキ缶を使うアイデアは、「代用」ではなく「新スタイル」を生んだのかもしれませんね。スケッチした挙句に物欲スイッチまで入りました!」

minnyさんのブログはこちら
@minny67をフォローしよう!
minnyさんの以前の記事はこちら

*ブリキ缶に映える観葉植物の様子がよく伝わります、とてもお洒落です!街のディスプレイは工夫に溢れていて発見が多いですね。私たちも街の中で素敵なモノを発見をして、モレスキンにどんどん描いていきましょう!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

minnyのスケッチより:ヴィンテージのブリキ缶に育つ植物を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] minnyさんのブログはこちらへ @minny67をフォローしよう! minnyさんの以前の記事はこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine