アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年10月7日

CITY STORIES:アーバンスケッチングを讃えて

先月9月6日、ロンドンのコヴェント・ガーデンにあるMoleskine Storeでは、文房具店London Graphic Centreと共同で、“アーバンスケッチング(街をスケッチすること)”を讃えるイベント「CITY STORIES」を開催しました。参加者は、4人の素晴らしいアーバンスケッチャーーJames Hobbs、Adebanji Alade、Olha Pryymak、Andrea Josephーのガイドを受けながら、ロンドンで特に可愛いらしい街並をスケッチしたのだそうです。

イベントは終わってしまいましたが、moleskinerie.comで紹介されているアーバンスケッチャーの作品がとても素晴らしかったのでモレスキナリーでも紹介したいと思います。また、その日開催されたワークショップがとても面白そうですよ・・・

James-Hobbs

James Hobbsさんは、ロンドン・アーバンスケッチャーズを立ち上げたメンバーの1人で、スケッチ歴30年以上というベテランです。Jamesさんの書籍『Sketch Your World』(2014年1月出版)は店頭に多く並んでおり、彼の作品はJerwood Drawing Prize(ジャーウッド・ドローイング・プライズ)のエキシビションをはじめ、数々のイベントで発表されてきました。Jamesさんのセミナーでは、アーバンスケッチの様々なアプローチを学び、その後、街に出て実際にスケッチを体験します。

Adebanji-Alade

Adebanji Aladeさんは、受賞歴を持つアーティスト、講師、フォトグラファーです。現在はロンドンのチェルシーで働いています。Adebanjiさんのセミナーでは、お気に入りのスケッチ技法や道具の紹介と、公の場で心地よくスケッチするにはどうしたら良いか、ということについてアドバイスしてくれます。

Olha-Pryymak-2

Olha Pryymakさんの作品は、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、Lynn Painter-Stainers Prize(リン・ペインター・ステイナーズ・プライズ)、ロイヤル・アカデミーをはじめ、イタリア、ウクライナ、イギリスのギャラリーで展示されてきました。

Andrea-Joseph-2

Andrea Josephさんはウェールズ出身のイラストレーターで、現在はピークディストリクトを拠点に活動しています。彼女のセミナーでは、ブラインド・コントゥール・ドローイング法(手元を見ないで描く画法)などの手法を用い、公の場で絵を描くことを恐いと思う気持ちを克服する方法について学びます。

moleskinerie.comより
アーバン・スケッチャーズの世界コミュニティーサイト

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

CITY STORIES:アーバンスケッチングを讃えてを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] シンガポールなど世界各地に新しいMoleskineストアがオープンし、インストアイベントやワークショップで盛り上がりを見せていました。最近では、ニューヨーク大学のキャンパス内に新し […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine